【MLB】平野佳寿、驚異の21戦連続無失点 上原浩治の日本人記録まで「6」に迫る

【MLB】ダイヤモンドバックス平野佳寿、21戦連続無失点 上原浩治の日本人記録まで6に

記事まとめ

  • ダイヤモンドバックス平野佳寿がパイレーツ戦で21試合連続無失点、球団新人記録を更新
  • 日本人投手の連続無失点記録1-5位は上原浩治、長谷川滋利、高津臣吾、上原浩治、平野
  • 平野は2013年にレッドソックスの世界一に貢献した上原の偉大な記録まで「6」に迫った

【MLB】平野佳寿、驚異の21戦連続無失点 上原浩治の日本人記録まで「6」に迫る

【MLB】平野佳寿、驚異の21戦連続無失点 上原浩治の日本人記録まで「6」に迫る

パイレーツ戦の8回に登板したダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

1回無安打1四球無失点で球団記録まで「3」、日本人記録のトップ4は…

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が22日(日本時間23日)の敵地パイレーツ戦でも1回無安打1四球と好投し、連続無失点を「21試合」に伸ばした。18日(同19日)の敵地エンゼルス戦で20試合連続無失点とし、球団新人記録を打ち立てたばかりだったが、これを更新。さらに、球団記録の24試合連続無失点にも「3」と迫った。また、上原浩治投手(現巨人)が2013年のレッドソックス時代にマークした日本人投手の最長記録(27試合)にも「6」としている。

 両チームの先発による投手戦となった一戦。平野は0-0の8回から2番手で登板し、先頭のマーサーをスプリットで遊直。ポランコにはフルカウントから7球目のスプリットが外れて四球を与えるも、モランは2ストライクから83マイル(約133キロ)のスプリット遊ゴロ併殺打に仕留め、無失点に抑えた。

 21試合&18回1/3連続無失点は現在、メジャーで無失点を継続中の投手の中で最長。また、球団記録の24試合連続無失点(2012年のJ・J・プッツ、2008年のブランドン・リオン)にも「3」と迫った。そして、日本人投手としても歴代5位の記録となった。ダイヤモンドバックスによると、過去の日本人投手の連続無失点記録トップ5は以下の通りとなっている。()は当時の所属。

1、上原浩治(Rソックス)27試合 2013年7月9日〜9月13日
2、長谷川滋利(マリナーズ)25試合 2003年6月3日〜8月17日
3、高津臣吾(Wソックス)24試合 2004年4月23日〜6月29日
4、上原浩治(レンジャーズ、Rソックス)22試合 2012年9月1日〜2013年4月18日
5、平野佳寿(Dバックス)21試合 2018年5月6日〜6月22日

 2013年に驚異的な活躍でレッドソックスの世界一に貢献した上原の偉大な記録まで「6」。なお、上原はこの時、31試合連続自責0を記録している。

 Dバックスは延長13回の熱戦を2-1で制して2連勝。平野はナ・リーグ西地区首位を走るチームに欠かせない存在となっている。球団記録、そして日本人記録の更新はなるか、注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)