ロッテが24日西武戦で「キシリトールデー」開催 先着1.5万人にガム配布

ロッテが24日西武戦で「キシリトールデー」開催 先着1.5万人にガム配布

キシリトールガムを持つロッテ・中村奨吾【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

咀嚼の状態をチェックできる「噛むと色が変わるガム」プレゼント

 ロッテは24日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム、14時試合開始)で、ロッテ「その歯と100年。キシリトールデー」を開催すると発表した。当日は「噛むと色が変わるガム」を各ゲートにて先着1万5000名にプレゼントする。

 その他にも、球場外周ボールパークステージでは、中学生以下のマリーンズファンを対象に試合前セレモニーのファーストピッチに参加できる権利が手に入るじゃんけん大会を実施。また、咀嚼の状態をチェックできる「噛むと色が変わるガム」が体験できるブースも、207通路付近ロッテーコーナーにて行われる。

 ロッテは「その歯と100年。キシリトール」プロジェクトと称し、TVCMをはじめキシリトールについての様々な情報を発信している。中村奨吾内野手は「自分もガムで咀嚼の状態をチェックしました。ガムが赤色になるとよく噛めている証拠で、自分は赤くなったので良かったと思います。こういうガムは面白いなあと思いました」とコメントした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)