DeNAが3位浮上、関根が決勝打 中日は田島が炎上4失点、1日でBクラス転落

DeNAが3位浮上、関根が決勝打 中日は田島が炎上4失点、1日でBクラス転落

中日vsDeNAの試合結果

中日は前日にAクラス浮上も…9回に守護神・田島が4連打を浴びる

■DeNA 6-1 中日(24日・ナゴヤドーム)

 DeNAは24日、敵地での中日戦に6-1で勝利し、3位に浮上した。先発の浜口が6回6安打無失点と好投。1点リードの8回にパットンが同点とされたが、9回に関根が走者一掃の3点三塁打を放ち、勝利した。中日は7回5安打1失点と好投した山井を援護できず。9回には守護神・田島が4連打を浴びて勝ち越しを許し、1日でBクラス転落となった。

 浜口は初回を3者凡退に抑えると、2回は先頭ビシエドにヒットを許すも後続を断つ。4回は1死一、三塁のピンチを背負ったが、福田を右飛、モヤを左飛で無失点。5回も無死一、二塁とされたものの、山井のバント失敗もあり、最後は堂上を空振り三振に仕留めて踏ん張った。

 すると、6回2死から筒香が左中間へ先制の17号ソロ。山井から1点をもぎ取った。浜口は6回も無死一、二塁とされたが、続く福田の左飛でアルモンテが飛び出してダブルプレー。高橋は左飛に打ち取り、ここも無失点に抑える。

 7回はエスコバーが無失点に抑えたものの、8回はパットンがピンチを招き、内野ゴロの間に1失点。同点に追いつかれたものの、9回に守護神・田島から宮崎、乙坂、柴田の3連打で満塁の好機を作ると、関根が一塁線を破る走者一掃の三塁打。その後、神里も2点タイムリーを放ち、9回は守護神・山崎康が締めて勝利した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)