オリックス田嶋5回2/3、5安打4失点で降板 「ランナーを背負った時に…」

オリックス田嶋5回2/3、5安打4失点で降板 「ランナーを背負った時に…」

オリックス先発の田嶋大樹【画像:(C)PLM】

4回までは一人の走者も許さない完全投球が一転…

■ソフトバンク 5-4 オリックス(24日・京セラD大阪)

 オリックスの田嶋大樹が24日、京セラドームで行われたソフトバンク戦に先発。4点のリードを守れず5回2/3、5安打4失点で降板した。勝敗は付かなかった。チームは延長12回4-5で敗れた。

 田嶋は140キロ後半の直球と、切れ味鋭いスライダーを武器にソフトバンク打線を4回まで一人の走者も許さない完全投球を見せる。4点のリードをもらった5回に1死一塁から上林に中越えのタイムリー三塁打を浴び1点を失うと、続く6回には2死から内川にソロ、2死一塁からデスパイネにタイムリー二塁打を浴びた所で降板となった。

 2番手で上がった黒木も流れを止めることができず、上林に同点タイムリーを浴びた。序盤の好投からは別人のような投球を見せた左腕は「4回までは、自分のリズムで投げることができましたし、調子自体はよかったです。しかしランナーを背負った時に迷いが出てしまいました。そういったところを修正できるようにしなければいけません」と反省を口にした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)