オリ武田が守備でアピール 強肩披露、センターからダイレクト送球で柳田刺す

オリ武田が守備でアピール 強肩披露、センターからダイレクト送球で柳田刺す

オリックス・武田健吾【写真:荒川祐史】

チームは敗れるも…延長10回のピンチで見事な補殺

■ソフトバンク 5-4 オリックス(24日・京セラD大阪)

 オリックスの武田健吾外野手が24日のソフトバンク戦(京セラドーム)で強肩ぶりを見せつけた。

 同点の延長10回。1死満塁の大ピンチで澤田が代打・長谷川勇にセンターフライを打たれた。武田は定位置よりも前で捕球すると、本塁へダイレクト送球。三塁走者はスピードのある柳田だったが、悠々とアウトに仕留めた。

 この日は8回に代打で登場し、そのままセンターに入っていた武田。守備での大仕事の直後の10回裏には無死一塁できっちりとバントを成功させたが、後続がランナーを返せず。チームは延長12回に比嘉が柳田に決勝ソロを浴び、敗れたが、持ち前の強肩ぶりを見せてアピールした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)