「うちのヨシヒサ」に「驚きない」 オリ金子と平野佳寿、離れても続く2人の絆

「うちのヨシヒサ」に「驚きない」 オリ金子と平野佳寿、離れても続く2人の絆

オリックス・金子千尋(左)、Dバックス・平野佳寿【写真:荒川祐史、AP】

オリックスではエースと守護神としてチームを支えた同い年の2人

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は、球団新人記録を更新する22試合連続無失点をマークするなど、メジャーの舞台で躍動している。その活躍を心から喜んでいるのが、昨年までオリックスで共にプレーした金子千尋投手だ。

 ここまで37試合登板で2勝0敗、防御率1.32の成績を残し、今やチームにとって欠かせない存在となった平野に「活躍はすると思っていたので、そこまで驚きはなかったです。一緒にやっていた仲間が活躍するのは本当に嬉しいですね」と素直な気持ちを口にした。

 時差の関係もあり平野の登板試合を全て生で見ることはできないが、結果は欠かさずチェックしている。20試合連続無失点の球団新人記録を打ち立てた18日(日本時間19日)の敵地エンゼルス戦の登板はリアルタイムで見届けた。

 今季は二刀流で開幕から結果を残した大谷翔平が大きくメディアに取り上げられていた。当初は注目されていなかった平野だが、大谷、ダルビッシュ、前田、田中ら多くの日本人投手がDL入りする中、開幕からマウンドに立ち続けている。セットアッパーとして結果を残し、実力で現在の地位を確立した。

活躍する平野に1つだけ注文「あれはダメですね(笑)」

 昨年の第4回WBCで平野が見せた投球から、金子はメジャーでも通用することを確信していた。「速い真っすぐを持っているし、フォークがある。今は投げてないけどスライダーもしっかり投げられる。自分で崩れるようなコントロールじゃないので」と冷静に分析する。

 普段は多くを語らないクールなエースも、元同僚が登板した際には自身のツイッターで「うちのヨシヒサ」とツイートし、陰ながら応援を続けている。

 ただ、ここまで申し分ない活躍を見せる平野に一つだけ言いたいことがあるという。今年からインスタグラムを始めた平野に「更新が止まっているんですよね。ちょんまげを付けて仮装してから1か月ぐらい放置したまま。あれはダメですね(笑)」と指摘。自身はツイッター、インスタグラムなどを駆使し、滞ることなく情報発信を行っているだけに“SNSの先輩”として注文をつけた。

「まだ、記録は続いているので(祝福の)連絡はしてません。シーズンが終わって帰ってきたら色々と話ができればいいですね。これからも頑張ってほしい」

 オリックスでエース、守護神としてチームを支えた2人。海を渡った親友の活躍を金子は静かに見守っている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)