DeNA中川が手痛い失策…一邪飛ポロリの直後に阪神・陽川が先制3ラン

7回途中2安打と快投のバリオスを2番手・エスコバー救援できず

■DeNA-阪神(26日・横浜)

 DeNAの中川大志内野手が手痛い失策を喫した。26日、横浜スタジアムでの阪神戦でのこと。7回1死一、三塁の場面で陽川尚将が打ち上げた一邪飛を落球。その直後、陽川にセンターへ2号先制3ランを叩き込まれた。

 先発バリオスが6回1死までパーフェクト投球を披露したこの日。7回先頭の植田海に中前打を許したところで、ラミレス監督は2番手エスコバーを投入。福留孝介に中前打、糸井嘉男を遊飛で1死一、三塁とした場面だった。打席に立った陽川はカウント1-2から5球目を一塁ファウルゾーンに高々と打ち上げた。誰もがアウトだと思った瞬間、一塁・中川がまさかの落球。エスコバーは2球一塁への牽制を挟んだが、6球目をセンターに飛び込む先制3点弾とされた。

 阪神メッセンジャーも好投を披露し、投手戦が繰り広げられていたが、思わぬミスから試合が動いた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)