日本ハム上沢パーフェクト逃す 6回まで完全も7回先頭に内野安打

日本ハム上沢パーフェクト逃す 6回まで完全も7回先頭に内野安打

惜しくも初安打を許した日本ハム・上沢直之【画像:(C)PLM】

4回2死から内川、柳田、デスパイネを三者連続三振斬り

■日本ハム-ソフトバンク(26日・那覇)

 日本ハムの上沢直之投手が、完全試合を逃した。26日、沖縄・那覇市で行われたソフトバンク戦。6回まで1人の走者も許さないパーフェクトピッチングを続けていたが、7回先頭の中村晃に二塁への内野安打を許し、記録は途絶えた。

 初回、中村晃を空振り三振に仕留めると、簡単に3者凡退で立ち上がった上沢。その裏にいきなり4点のリードをもらうと、2回以降も次々と凡打の山を築き上げていった。

 4回2死で迎えた内川から、5回の柳田、デスパイネとソフトバンクの中軸から3者連続三振を奪うなど、付け入る隙をまるで与えない完璧なピッチング。ストレートの走り、スライダー、フォークのキレも抜群で、快投を見せていた。

 6回も松田、甲斐、川瀬を3者凡退に打ち取り、完全投球を継続。だが、7回先頭の中村晃が放った打球は一、二塁間へ。二塁の田中賢が捕球したが、送球が逸れ、記録は内野安打となり、大記録はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)