DeNA“天敵”メッセ崩せず完封負け ラミレス監督「毎回策を講じているが…」

DeNA“天敵”メッセ崩せず完封負け ラミレス監督「毎回策を講じているが…」

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

今季だけで4勝を献上「いつかは止めないと」

■阪神 4-0 DeNA(26日・横浜)

 DeNAは26日、横浜スタジアムでの阪神戦に0-4で完封負けした。先発バリオスが好投したが、7回の継投策がハマらず。敗れたラミレス監督は「今日はヒットの数より残塁が多かった。勝つためには得点しないと」と攻めきれなかった打線を悔やんだ。

 先発バリオスは5回終了までパーフェクト投球を披露。6回1死から原口文仁に中前打を許したが二塁を踏ませず。7回先頭の植田海に中前打されたところで降板した。指揮官は「これ以上ない投球だった」と絶賛。わずか85球での投手交代に「植田は足が速いのでバリオスを相手に必ず走ってくると思ったので、救援で最もクイックが早いエスコバーを投入した」と説明したが、思い通りにはいかなかった。

 エスコバーは福留孝介に中前打を許し、1死後に陽川尚将に3ランを献上。直前に一塁・中川大志のエラーもあったが、ラミレス監督は「エラーは試合の一部。投手交代が敗因だと思っていないし、後悔はしていない」とキッパリ言い切った。

 打線は“天敵”メッセンジャーから6安打しつつも攻略できなかった。この日を含め、今季はメッセンジャーに4勝を挙げられている。ラミレス監督は「今年だけで?」とやや驚きを隠せない様子だったが、「3年で10勝以上されている感じだ。毎回策を講じてはいるが…。いつかは止めないと」と次回の奮起を誓った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)