日ハム沖縄で球団4500勝 今季3度目完封の上沢に栗山監督「素晴らしかった」

日ハム沖縄で球団4500勝 今季3度目完封の上沢に栗山監督「素晴らしかった」

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

上沢は6回まで完全投球、9回2安打無失点の好投

■日本ハム5-0ソフトバンク(26日・那覇)

 日本最北端の球団である日本ハムが、南端の沖縄で節目の勝利を挙げた。26日、沖縄・那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われたソフトバンク戦。初回にアルシア、レアードの2者連続弾で4点を先制すると、先発の上沢が6回まで完全投球。大記録こそ逃したが、今季3度目の完封勝利で7勝目をあげた。チームは連敗を2で止め、球団創設4500勝をマークした。

「本当に素晴らしかった」。試合後、栗山英樹監督が絶賛したの、もちろん上沢の投球だ。6回まで1人の走者も許さず。初安打となる内野安打を許した7回は2死二、三塁のピンチを招いたが、デスパイネを空振り三振に仕留めてピンチを脱した。

 9回まで1人で投げ抜き、2安打無失点。今季3度目の完封勝利をマークした。地方球場での試合。北海道とは真逆の、蒸し暑い気候。慣れない環境の中での128球の熱投に、指揮官も「夜になって少し涼しさもあったかもしれないですけど、なかなかこういう状況で投げることもなかったと思うので、球数もいっていたのに最後まで変わらなかったし、本当に素晴らしかったと思います。(完全試合については)そっちに向こうの意識が行ってくれたらいいな、勝ち負けよりもとにかくヒットを打とうみたいな感じになってくれればいいなと願っていただけ。最後までしっかりよく投げてくれた」と賛辞を惜しまなかった。

 打線は初回にアルシア、レアードの2者連発で4得点。近藤の左前安打で本塁を狙った西川が憤死し、中田の打席では捕手がこぼしたところで三塁を狙った大田が盗塁死。積極的な姿勢が空回りとなりそうな所で、アルシアの一打が雰囲気を変え、指揮官も「大きかったですね。前がかっていくのは良いことなので、何とか、みんなが勝ちたいという思いが形になった。積極性は大事にしながらも、良い形で攻められるように明日やっていきます」と振り返った。

 日本ハムとして初の沖縄での主催試合を勝利で飾った。春季キャンプを沖縄で行なっていることもあり、栗山監督は「九州なので微妙な感じだとは思うんですけど、我々もキャンプをやらせてもらって沖縄の皆さんには感謝している。もし沖縄の皆さんに喜んで頂けたのであれば、凄く良かったと思います」と、沖縄での1勝を喜んだ。

 連敗を2で止め、首位の西武とは1ゲーム差に接近した。「おとといのゲームの流れから、今日はすごく大きな意味を持つと思っていて、それはコーチの皆さんにもお願いをしましたけど、良い流れの試合をしなきゃいけなかった。今日に関しては良いゲームだった。この2試合は勝ち負け以上に戦い方が問われるところなので、明日しっかり戦っていきます」と、栗山監督は27日の試合に視線を向けていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)