【MLB】平野、23試合連続0封で17ホールド目! 防御率1.29、球団記録あと「1」に迫る

【MLB】平野、23試合連続0封で17ホールド目! 防御率1.29、球団記録あと「1」に迫る

23試合連続無失点を記録したダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:AP】

2死満塁のピンチを招くもボーアを中飛に仕留める

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が26日(日本時間27日)の敵地マーリンズ戦で1回2安打無失点に抑え5-3の勝利に貢献した。平野はこれで連続無失点試合を「23」に伸ばし、自身の持つ球団新人記録をさらに更新。球団記録の24試合連続無失点にも「1」に迫った。

 この日は2点リードの8回に4番手で登板。先頭のブリンソンを右飛に打ち取ると、ホラデーには死球を与え1死一塁。続く代打・メイビンを直球で見逃し三振に。ディートリッチに中前打、アンダーソンには二塁内野安打を許し2死満塁のピンチを迎えたが続くボーアを中飛に抑えた。

 23試合連続無失点で17ホールド目をマーク。防御率も1.29とした。また、上原浩治投手(現巨人)が2013年のレッドソックス時代にマークした日本人投手の最長記録(27試合)にも「4」としている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)