ハムのエースになりつつある上沢 栗山監督が感じた「人としての成長」

ハムのエースになりつつある上沢 栗山監督が感じた「人としての成長」

日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】

完全試合が途切れた後にも崩れず、圧巻の投球

■日本ハム5-0ソフトバンク(26日・那覇)

 付け入る隙をまるで与えなかった。その投げっぷりは、すでにエースの風格が漂っていた。日本ハムの上沢直之投手。26日、沖縄で日本ハムとして初めての主催試合となった那覇でのソフトバンク戦。先発マウンドに上がった右腕はソフトバンク打線を完璧に封じ込め、9回2安打無失点で今季3度目の完封勝利を飾った。

 初回を3者凡退で立ち上がった上沢は、その裏に味方から4点の援護をもらった。「ラクな展開で投げさせてもらった」。沖縄の夜空の下、次々と凡打を積み重ねていった。4回2死から内川、柳田、デスパイネのクリーンアップを3者連続三振に仕留めた。6回まで1人の走者も許さず、パーフェクト投球を続けた。

 7回先頭の中村晃に二塁内野安打を許し、初めて走者を出した。一、二塁間へのゴロ。田中賢が捕球したものの、送球が逸れた。不運といえば、不運だった。「H」のランプが灯ると、夢の大記録を期待したスタンドからもため息が漏れた。さらに1死から内川には自身のグラブを弾く内野安打。外野へのヒットらしいヒットがないままに1死一、二塁とされた。

 「全部微妙な2本のヒットなんで、ああいうところが本当の成長というか、人としての成長だと思うんだよね。直は去年の後半から大きくなっていった、こっちは安心して見ていられる感じがああいうところにも出ている」。栗山英樹監督が上沢の成長を感じたのは、ここからだった。完全試合や無安打無得点試合などが途切れた直後に、崩れることは良くあることが、上沢は崩れなかった。

 柳田を二ゴロに仕留めると、2死二、三塁でデスパイネを空振り三振に斬って取ったのだ。8回も3者凡退に仕留めると、球数は114球に上っていたが、9回もマウンドへ。「最終回もあんまり球数投げさせないほうがいいのかもしれないけど、どうしても、ホークスの5点差は怖いので、投げてもらった」と栗山監督。熟知するソフトバンク打線の怖さと、上沢への信頼からの続投だった。

 結局、9回も内野ゴロ3本で3者凡退に仕留め、128球で完封勝利を飾った。栗山監督は言う。「人としての成長というのは嬉しいし、随所にそういうものが見られる。こうやって苦労はかけるけど、最後に喜ばしてあげたいんで、こっちも頑張っていきます」。大谷翔平が抜けて迎えた2018年。上沢が、その穴を補って余りあるだけの活躍を見せている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)