オリ左腕アルバース、なぜ打たれない? 西武山川は「山本昌さんのよう」

オリ左腕アルバース、なぜ打たれない? 西武山川は「山本昌さんのよう」

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

アルバースに6回途中2失点の好投許す、辻監督も「あの投手は打てない」

■オリックス4-2西武(26日・メットライフ)

 西武の土肥投手コーチが試合前に「投げ合いになれば面白い」と語っていた26日のオリックス戦。結果的には、西武が1球に泣いた試合となってしまった。

「カード初戦を投げる投手として、そこを意識して投げてほしい」と土肥投手コーチに送り出された西武先発・十亀は、初回はその期待通り、3者連続三振と最高の立ち上がりを見せた。

 しかし、0-0で迎えた4回、先頭の4番・吉田正にヒットを許すと、1打席目に初球を痛打されて左前打とされていた5番・ロメロに、再び初球を捉えられてしまう。「あのコースはファールや空振りが取れていた」という、高めのストレートがレフトスタンドへ。「あの一発で相手に勢いを与えてしまった」と、十亀自身も悔いが残る一球となった。

 辻監督は「またホームランだよね。腕の振りが強く見えなかった。そこは疑問」と3試合連続被弾となった十亀に対し、苦言を呈した。十亀は5回には吉田正に適時打を浴び、7回8安打3失点で6敗目(4勝)を喫した。

 一方、打線はこの日9勝目を献上することとなったオリックス先発・アルバースの前に、4回まで1安打に抑えられる苦しい試合展開。疲れの見え始めた5回以降、ようやく2点を挙げたものの、6回途中から継投に入ったオリックス投手陣の前にその後は得点をすることはできず、逃げ切りを許した。

 試合後、辻監督は「他のチームも苦戦しているが、あのピッチャーは打てないね」と話した。「やはりコントロールとコンビネーションがいい。そして、まっすぐが意外と差し込まれる」とオリックス先発・アルバースを絶賛。そのアルバースを攻め立て、6回途中で降板させたことについては「おろしたところまではよかったんだけど」と一定の評価をしたものの、外崎が初球を打って三ゴロに打ち取られた2-3の6回1死一、三塁の場面について「あと一本が出ていればね。あそこは、スライダーが高めにきた。抜けたスライダーだったけど、(外崎は)ちょっと力んだかな。仕方ないね」と振り返った。

 一方、試合前に「タイミングをずらしてくる投手なので、そこに惑わされないようにしたい」と語っていた4番・山川は「いいピッチャー。あのフォームはやはりタイミングが取りづらい。対戦はないが、元中日の山本昌さんのような感じ。そして自分から崩れるようなことがないので、あの成績と防御率には納得」と相手を称賛。しかし、「自分としては、前回(5月1日)の対戦時より勝負はできた」と、手応えも掴んだ様子だった。

 27日も好投手・金子千尋と対戦する西武。「この間、ホームランを打ったけど、失投はあの一球だけだった」と語った山川。「金子さんも自分から崩れるタイプではないので、甘い球をいかに仕留められるか」と前を向いていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)