広島、初回から猛攻で4点奪取 前日まで球団史上初の3試合連続2桁得点

広島、初回から猛攻で4点奪取 前日まで球団史上初の3試合連続2桁得点

広島打線が初回から猛攻

巨人田口から4安打で4得点

■広島 – 巨人(27日・マツダスタジアム)

 広島は27日、本拠地・巨人戦で初回に猛攻を見せ、4点を先制した。

 まずは先頭の田中が田口から中前打。菊池も右前打で続いて一、三塁とすると、丸は四球で無死満塁に。ここで4番の鈴木がセンターへの先制2点タイムリーを放った。

 さらに、5番の新井はライトへのタイムリー。ノーアウトで3点をもぎ取った。続く野間の遊ゴロの間に1点を追加。會澤は三ゴロ併殺打に倒れたものの、いきなり4点を奪った。

 広島は26日まで球団史上初の3試合連続2桁得点をマーク。さらに記録更新となるか、注目が集まる(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)