【MLB】外野手“柵越え”、警官バンザイ…オルティス伝説のHRと「ほぼ同じ」一発が話題

【MLB】外野手“柵越え”、警官バンザイ…オルティス伝説のHRと「ほぼ同じ」一発が話題

レッドソックスのムーキー・ベッツ【写真:Getty Images】

「Cut4」が2013年の本塁打と比較する映像を公開

 レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手が26日(日本時間27日)の本拠地エンゼルス戦で20号ソロを放ち、9-1での勝利に貢献した。この一発が、2013年のプレーオフで当時の主砲デビッド・オルティスが放った伝説の本塁打と「ほぼ同じ」と話題になっている。外野手が頭から“フェンスオーバー”する様子や、警備している警察官が“バンザイ”する様子はまさに再現映像のようで、MLB公式サイト「Cut4」は2つのホームランを比較する動画を作成。2013年の対戦相手タイガースから「お願いだから削除して」と懇願される事態となった。

 ベッツは初回、相手先発ラムから右中間へ大飛球を放った。打球はグングンと伸び、右中間フェンスの奥にあるブルペンへ。すると、これを追ってライトのエルモシージョがダイブ。しかし、打球には届かず、両足を開いたまま頭からブルペンへと消えた。その横で、警察官が喜びのあまり両手を突き上げていた。

「Cut4」は「ムーキー・ベッツはデビッド・オルティスとほぼ同じ本塁打を放つ」とのタイトルで記事を掲載。そして、「ライトのエルモシージョはダイブし全力を尽くしたが、打球は越えていった。この本塁打はフェンウェイパークのファンにとっては非常に馴染み深い光景であろう。考えてみてほしい」と言及している。

「右中間への本塁打? 外野手がフェンスを超えてしまう? 喜ぶブルペンの警官? 状況こそドラマチックなものでなかったが、この一打はデビッド・オルティスが2013年のALCS(ア・リーグ優勝決定戦)でのタイガース戦で放った満塁本塁打と瓜二つであった」

タイガースの「削除して」に…「消せないのはご存知でしょ、タイガースさん」

 2013年といえば、レッドソックスが世界一に輝いたシーズン。主砲のオルティスが大活躍し、上原浩治(現巨人)と田澤純一(現タイガース傘下3Aトレド)がブルペンで躍動した。守護神の上原は、タイガースとのリーグ優勝決定シリーズではMVPにも輝いている。オルティスが満塁弾を放ち、打球を追ってダイブしたトリー・ハンターが真っ逆さまにブルペンへと落下した映像を覚えている日本のファンも多いはずだ。

「Cut4」は「ベッツとオルティスが親しいチームメイトであったことを考えれば、彼も誇りに思っていることだろう」と締めくくり、ツイッターでは2つの本塁打の柵越えの瞬間を比較する動画を公開。すると、タイガース公式ツイッターが「お願いだから削除して」と投稿し、「Cut4」が「消せないのはご存知でしょ、タイガースさん」と返答する“微笑ましい”やり取りもあった。

 さらに、フォロワーからは「この警官は同一人物かな?」「タイガースファンとしては、今非常に辛い気分だ」「どちらの本塁打もチーム最高の選手が放った一打だ」「まずこれを見て思い出したのは2013年のミラクル・スラム」などとコメントがついた。

 今季は宿敵ヤンキースとハイレベルな優勝争いを繰り広げるレッドソックス。伝説の一発が生まれた2013年以来の世界一はなるだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)