樽美酒の速すぎる一球? “メンディー超え”135キロに「本当に超えるとは…」

ゴールデンボンバー・樽美酒研二が『関口メンディー超え』の球速135キロを記録

記事まとめ

  • ゴールデンボンバー樽美酒研二が西武-オリックス戦の試合前に登場し、投球を披露した
  • 樽美酒研二は135キロを記録し、EXILE・関口メンディーの記録である133キロを超えた
  • 樽美酒の投球に、Twitterで「中継ぎで獲得するべき」など『称賛』の声が上がっている

樽美酒の速すぎる一球? “メンディー超え”135キロに「本当に超えるとは…」

樽美酒の速すぎる一球? “メンディー超え”135キロに「本当に超えるとは…」

始球式に登場した樽美酒研二さん【画像:(C)PLM】

西武戦の試合前に登場、ファンは「中継ぎで獲得するべき」

■西武 3-3 オリックス(27日・メットライフ)

 ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二が27日、メットライフドームで行われた西武-オリックス戦の試合前に登場し、驚異の一球を披露した。全3球を投げ、初球で135キロを記録。6月5日に東京ドームで行われた巨人-楽天戦で、133キロをマークした「EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE」の関口メンディーの記録を見事に超えた。

 樽美酒は「134キロチャレンジ」として登場。マウンドに上がる前、マイクを握りしめると「先日、メンディーという若武者が133キロを出しまして、今日はその記録を抜きに来ました」と宣言した。「3球だけ、僕にチャンスを下さい。よろしくお願いします」と話し、マウンドへ。そして、その初球。高めへの“剛速球“を投じると、バックスクリーンには135キロの表示。右手を突き上げ、大喜びした。

 その後、2球目は132キロ、3球目は133キロと、その記録が「たまたま」ではないことを証明。西武ベンチでは選手たちも拍手を送った。樽美酒は「すみません。本当に超えるとは思いませんでした。これは多分、ネットニュースになります」と振り返り、「ありがとうございます!」と叫んでグラウンドを後にした。

 この模様をパ・リーグ.comが公式ツイッターで動画付きで紹介すると、フォロワーからは「中継ぎで獲得するべき」「プロでも通用する? 独立リーグならば、、、?」「ピッチャー不足のホークスに入団して欲しいな?」「研二さんすごい!!!」となどと“称賛“の声が上がった。今後も“ライバル“メンディーとお互いを高め合っていくことになるのか、注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)