日ハム、9回2死から逆転 劇的勝利で首位に0.5差、初の沖縄開催は「大成功」

日ハム、9回2死から逆転 劇的勝利で首位に0.5差、初の沖縄開催は「大成功」

手荒い祝福を浴びる日本ハム・大田泰示【画像:(C)PLM】

大田のサヨナラ押し出し四球で勝利、プロ初白星の石川直「思い出に残ります」

 初の沖縄開催は、大成功で終わった。日本ハムが27日、ソフトバンクを劇的なサヨナラ勝ちで下した。

 サヨナラの押し出し四球をもぎ取った大田が、バットを放り投げて一塁ベースへ向かった。「僕が何かしたわけでもない。みんなが諦めずに戦った結果」。手荒いウォーターシャワーを浴びながら、喜びをかみしめた。この日は第1打席こそ四球だったものの、その後は3三振。「チャンスで打てなくて、悔しくて。でもいいところで回してくれて、(押し出し)四球になってよかった」。ヒーローインタビューでは、ひたすらナインに感謝した。

 まさに9回2死から。1点ビハインドで横尾が左前打で出塁すると、鶴岡が死球。ここで代打の田中賢が右前に同点の適時打。今季初打点で期待に応えると、西川も四球で続いて満塁に。2死とはいえ、空気は完全にサヨナラムードだった。抑えの森もペースは完全に乱され、最後は全4球がボール球。チームとしては初の主催試合となった那覇の地で、26日は球団通算4500勝、この日はサヨナラ勝ちと、これ以上ない結果で締めくくった。

 9回に登板し、3者凡退でチームに勢いを与えた石川直の存在も大きかった。松田、市川を打ち取って2死とすると、高田は3球三振。「何とかゼロに抑えて(打線に)託そうと思っていた」。この勝利で4年目にしてうれしいプロ初勝利。「思い出に残ります。サヨナラで勝ってほしいと思っていました。感謝でいっぱいです」と21歳の若者らしく、さわやかな笑顔を見せた。

 この日は沖縄出身の上原が先発。5回1失点の結果も、負けていれば敗戦投手。だが、それも土壇場で消え、田中賢の同点打の瞬間はベンチで喜びを爆発させた。

 打率2割に届かず、ここまで苦しいシーズンを送っていた田中賢はお立ち台で感慨深そうな表情。沖縄の魅力について問われると「人の温かさです。この気温よりははるかに温かいです」と答え、大歓声を受けた。「初の試みは大成功でした。また、次回プレーできるのを楽しみにしています」と、来年以降の開催も待ち望んだ。

 この日、引き分けに終わった首位の埼玉西武とは0.5ゲーム差。沖縄2連戦での勢いを、29日からのオリックスとの札幌3連戦につなげたい。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)