ホークスがローテ一部変更、中田が29日先発 通算100勝へ「早く決めないと」

ホークスがローテ一部変更、中田が29日先発 通算100勝へ「早く決めないと」

ソフトバンク・中田賢一【写真:藤浦一都】

同級生・摂津の投球も刺激「それに続いていきたい」

■ソフトバンク – ロッテ(29日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは、29日からのロッテ戦で先発ローテ順を一部変更。ソフトバンクの中田賢一が通算100勝をかけて初戦に先発する。

 通常のローテ順であれば石川柊太の登板となるところだが、通算100勝がかかる中田賢一がカード初戦に回ることになった。

 倉野信次投手統括コーチは「選手の状態を考慮して、パフォーマンスを最大に発揮できるように。石川の登板を1日延ばしたいというのもあったが、それは石川の調子が悪いからということではない」と説明。中田は、前回登板予定だった23日のオリックス戦が雨天中止となり、17日の広島戦以来の登板となるが「いい調整ができていると思う」と倉野コーチも期待を寄せる。

 中田自身も「球も元気だし、そのままの状態でゲームに入っていければ。チームが上がっていかないといけない状態なので、おこがましいですが、そのきっかけになれたらと思います」と2週間ぶりの登板に意欲を示す。17日の広島戦で達成できなかった通算100勝については「意識はしていませんが、早く決めないと(報道陣に)毎回言われるので」と笑った。

「同級生の摂津もしっかりしたピッチングをしているので、それに続いていきたい」と、沖縄での摂津正の好投にも大きな刺激を受けた。気がつけば5位のロッテとはわずか1ゲーム差。是が非でも勝ち越したいカードの初戦はベテラン右腕に託された。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)