ヤクルト、バレンティン先制の左前適時打 ゲーム差1の3位阪神と直接対決

2位ヤクルトはゲーム差「1」の3位阪神と直接対決

■ヤクルト – 阪神(29日・神宮)

 ヤクルトのバレンティン外野手が29日、神宮球場で行われた阪神戦で初回に先制タイムリーを放った。

 ヤクルトは初回。1死から青木が中前打、山田哲の三塁内野安打で一、二塁のチャンスを作ると続くバレンティンが阪神・秋山の140キロ直球を左前に弾き返し先制のタイムリーとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)