楽天、ついに連敗止めるか 13連敗中の西武・菊池から4回までに6得点

楽天、ついに連敗止めるか 13連敗中の西武・菊池から4回までに6得点

楽天戦に登板する西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

4回に田中和が2ランを放つなど大量5得点

■西武 – 楽天(29日・メットライフドーム)

 楽天が、西武のエース菊池雄星投手を攻略した。29日、敵地メットライフドームでの一戦。初回に1点を先制すると、4回に大量5得点。2016年から13連敗を喫している左腕から大量点を奪い取った。

 初回、先頭の田中和が中前安打で出塁すると、島内の左犠飛で幸先良く先制点をあげた。1点リードで4回を迎えると打線が大爆発。先頭の銀次が中前安打で出塁すると、2死となってからペゲーロが中前安打。嶋が2点適時二塁打を放つと、田中和が左翼スタンドへ5号2ランを放ち、リードを広げた。

 さらに茂木が二塁打で続き、島内が左前適時打。この回だけで大量5点を奪って、天敵を攻略した。2016年から菊池を苦手としてきた楽天打線。今季はこれが4度目の対戦。4月13日と5月13日の本拠地での試合ではともに5点を奪っていたが、黒星をつけるには至らなかった。今季の菊池は無傷の8勝をマークしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)