阪神“投壊”で連勝3で止まる 9回ナバーロ代打で初安打初タイムリーも…

阪神“投壊”で連勝3で止まる 9回ナバーロ代打で初安打初タイムリーも…

ヤクルト対阪神の試合結果

9回1死二塁で代打で登場し右翼線へタイムリー

■ヤクルト 10-9 阪神(29日・神宮)

 阪神は投手陣が踏ん張り切れず9-10でヤクルトに敗れ連勝は3でストップした。

 先発の秋山が5回途中6失点でKOされると、逆転した直後の6回に伊藤和が同点に追いつかれ、続く7回は1死二、三塁で登板した桑原が勝ち越し2点タイムリー浴びた。

 2点を追う9回は先頭の代打・鳥谷が二塁打で出塁。1死三塁となり新助っ人のナバーロが代打で登場するとヤクルト石山の直球を捉え右翼線へ来日初安打初タイムリーを放ち1点差に迫った。だが、続く福留が二ゴロ、糸井が申告敬遠で2死一、二塁としたが陽川が左飛に倒れた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)