ロッテ痛恨サヨナラ負け 抑えの内の炎上に井口監督「抑えてもらわないと困る」

ロッテ痛恨サヨナラ負け 抑えの内の炎上に井口監督「抑えてもらわないと困る」

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

2点リードの9回に4安打3失点で大逆転負け

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(29日・ヤフオクドーム)

 ロッテが痛恨のサヨナラ負けを喫した。29日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。9回まで2点のリードを奪いながら、最終回に守護神の内が鷹打線につかまり、4安打で3点を奪われ、試合をひっくり返された。

 悪夢の9回になった。初回に2点を奪われたものの、中盤に逆転したロッテ。2点のリードを奪い、逃げ切りを図って送り出したクローザーが、まさかの救援失敗。デスパイネ、松田に連打を許して無死一、二塁。ここで甲斐のバントを投ゴロ併殺にし、決着を迎えたかに思えた。

 だが、続く福田に四球を与えると、長谷川勇には右前適時打を打たれて1点差。さらに上林には外角の真っ直ぐを左中間に運ばれ、サヨナラの走者も一気に本塁に生還してしまった。まさかの敗戦に、井口資仁監督は「こういうゲームを取らないとダメ。あの回だけで4安打。抑えてもらわないと困る。チャンスで取れるところで取らないと接戦はひっくり返される。詰めの甘さが出ている」と悔しさを滲ませていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)