ソフトバンク劇的逆転サヨナラ 工藤監督「一番救われたのは甲斐くん」

ソフトバンク劇的逆転サヨナラ 工藤監督「一番救われたのは甲斐くん」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ロッテの並走を阻止し「チームに勢いがつく勝利」

■ソフトバンク 6-5 ロッテ(29日・ヤフオクドーム)

 29日、ソフトバンクはロッテとの3連戦の初戦で劇的なサヨナラ勝ち。負ければロッテ、オリックスと横一線に並ぶところだったが、9回2死から3点を奪う執念を見せた。

 初回に柳田悠岐の豪快な2ランで先制し、2回裏にも1死一、三塁のチャンスをつかんだソフトバンク。しかし、エンドランのサインに川瀬晃が空振り、三塁走者・松田宣浩が飛び出して憤死した。そこから流れはロッテに大きく傾き3点ビハインドとなるが、8回に上林誠知の11号ソロで2点差とすると、9回には長谷川勇也のタイムリーで1点差、さらに続く上林が左中間を破る2点打を放って逆転サヨナラ勝ちを収めた。

「ナイスゲームでございます」と、試合後の工藤公康監督もご機嫌。「一番救われたのは甲斐くんかな。でも、打席に出す前に(バントが)一塁方向か三塁方向かはっきり指示しなかったこちらも悪い」と、9回無死一、二塁からのバントを併殺打にしてしまった甲斐拓也をかばった。

 負ければロッテとのゲーム差がなくなるところを、土壇場でかわした。「大きいですよ、もちろん。これで後半、相手にもプレッシャーがかかると思う。本当にいい形、チームに勢いがつく勝利だと思います」と指揮官は満足気に話した。

 2回に若い川瀬に出したエンドランのサイン、9回にデスパイネに代走を出す際のもたつきなど、ベンチのバタバタぶりが目立った試合ともいえるが、それらを長谷川と上林の一打がすべて救ってくれたのも事実だ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)