美女ゴルファー三浦桃香がヤフオクDで始球式 三塁側に逸れ「ファー!」

美女ゴルファー三浦桃香がヤフオクDで始球式 三塁側に逸れ「ファー!」

始球式を行った美女ゴルファーの三浦桃香さん【写真:福谷祐介】

29日の2次プロテストを通過出来ず「シードを取れば…」

 30日にヤフオクドームで行われたソフトバンク対ロッテ戦で、美人女子ゴルファーとして人気急騰中の三浦桃香が、セレモニアルピッチを行なった。このロッテ3連戦は「みやざきスペシャルデイズ」として開催されており、宮崎市出身の三浦がマウンドに立った。

 19歳ということで、背番号19がプリントされたユニホームを身に纏って登板。「緊張しました。ツアーと同じくらい緊張しました」。大きなモーションから投じられたボールは大きく三塁側に逸れる投球となり「右にいっちゃいましたね。飛んでいたので、恥ずかしくはないかな。(ゴルフで言えば )『ファー!』ですね」と振り返った。

 今季ツアーに参戦して2度のトップ10入りをしている三浦だが、29日に行われた2次プロテストを通過できず。プロテスト合格を逃し「注目していただいているのに成績が伴っていないので、練習も、メンタル面ももっと頑張って努力して、もっと成績を上に行けるように頑張ります。シードを取れば、来年も出られますし、プロの資格が得られるので、シードを狙って頑張ります」と気持ちを新たにしていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)