西武の新旧背番号「11」対決は楽天・岸に軍配 7回3安打無失点の快投で8勝目

西武の新旧背番号「11」対決は楽天・岸に軍配 7回3安打無失点の快投で8勝目

楽天・岸孝之と西武・今井達也(左から)【写真:荒川祐史】

西武の今井は2被弾を含む5回1/3、5安打5失点で2敗目

■楽天 9‐1 西武(30日・メットライフ)

 楽天の岸孝之投手が“先輩”の意地を見せつけた。30日、敵地での西武戦に先発し7回3安打無失点で8勝目を挙げた。チームは9-1で快勝。西武の先発・今井達也投手は5回1/3、6失点で2敗目を喫した。

 西武の新旧背番号「11」対決となった一戦は岸が圧巻の投球を見せつけた。初回から3イニング連続3者凡退と完璧なスタートを見せると、4回には先頭の源田に左中間二塁打を浴びたが、浅村を150キロの外角三振で空振り三振、山川を二直併殺に打ち取り無失点で切り抜ける。

 6回は2死一、三塁のピンチで再び山川を迎えたが138キロのスライダーで空振り三振に打ち取り相手に得点を許さない。7回も森、外崎、栗山を3者凡退に仕留め降板となった。

 一方、西武の今井は2回1死一、二塁からペゲーロに左翼席へ3ランを浴びると5回には島内にバックスクリーンへソロを献上。6回にも無死一塁からアマダーに左中間へタイムリー二塁打を浴び5点目を献上。続く藤田を二ゴロに抑えた所で降板。今井は5回1/3、5安打5失点で降板となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)