西武が首位陥落危機、日本ハムがゲーム差無しで並ぶ…パ・リーグも大混戦に

西武が首位陥落危機、日本ハムがゲーム差無しで並ぶ…パ・リーグも大混戦に

西武・辻発彦監督と日本ハム・栗山英樹監督(左から)【写真:荒川祐史】

ロッテがソフトバンクに勝ち、首位から4位タイまで4ゲーム差に

 近年でも稀にみる混戦となっている今季のプロ野球。折り返し地点に来ているにも関わらず、セパ両リーグともに団子状態となっている。30日のパ・リーグは各地でデーゲーム3試合が行われ、その結果、首位から5位までが4ゲーム差にひしめく形となり混戦に拍車がかかってきた。

 西武は最下位の楽天に痛恨の連敗。先発の今井が6回途中5安打2本塁打3四球で6失点でノックアウト。3番手大石も3点を失った。打線は楽天先発の岸を打ち崩せずに大敗した。大量失点を喫する試合が続いており、投壊に歯止めがきかない厳しい状況となっている。

 日本ハムはオリックスに快勝し、ついに西武とゲーム差無しに並んだ。初回にオリックスの先発・山崎福の立ち上がりをつかまえ、打者9人で7安打1本塁打を集めて一挙に5得点。先発の高梨が7回途中7安打2失点。2番手宮西が通算600試合登板と、歴代最多タイとなる273ホールドを達成するなど、リリーフ陣がリードを守った。勝率差で2位のままだが、明日にも首位に立つ可能性が出てきた。

 5位のロッテはソフトバンクに快勝してオリックスと並ぶ4位タイに再浮上。先発のボルシンガーが7回1失点の好投でリーグ1番乗りで10勝に到達した。2勝目をあげた5月4日の日本ハム戦から驚異の9戦9勝。3位ソフトバンクとの差は1ゲームとなり、1日の試合で勝利すればAクラスに浮上する。

【29日終了時点】
1西武 40勝29敗1分
2日本ハム 40勝31敗0分 1.0
3ソフトバンク 37勝32敗0分 2.0
4オリックス 36勝33敗3分 1.0
5ロッテ 35勝34敗0分 1.0
6楽天 26勝44敗1分 9.5

【30日終了時点】
→1西武 40勝30敗1分
→2日本ハム 41勝31敗0分 0
→3ソフトバンク 37勝33敗0分 3.0
→4オリックス 36勝34敗3分 1.0
↑4ロッテ 36勝34敗0分 0
→6楽天27勝44敗1分 9.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)