【MLB】元日ハム・バースが美人妻&愛娘と家族団らん写真を公開「思い出に残る1日」

【MLB】元日ハム・バースが美人妻&愛娘と家族団らん写真を公開「思い出に残る1日」

カブスのアンソニー・バース【写真:Getty Images】

今季はカブスでプレー、メジャー昇格後12試合で防御率0.73の活躍

 元日本ハムでカブスのアンソニー・バース投手が6月30日(日本時間7月1日)、自身のツイッターを更新し、本拠地リグレーフィールドで美人妻と愛娘と撮影した微笑ましい家族写真を公開した。

 カブスではこの日、監督・コーチや選手、球団スタッフが家族を球場に招待するファミリーデーを開催。本拠地ツインズ戦に14-9と快勝した後、グラウンドが開放され、家族団らんの一時を楽しんだ。

 今季からカブスでプレーするバースもその1人。カブスのユニホームを身にまとった美人妻のシドニー・レイさんと愛娘のブルックスちゃんと殿堂あるリグレーフィールドで貴重な時間を過ごした。バースは「今日は素晴らしい勝利の後、我が家の女子たちとリグレーで思い出に残る1日を過ごしたよ!」と微笑ましい家族写真を公開。すると、ファンから数多くのコメントが寄せられた。

「お父さん似だね! ふっくらしている彼女を見れてうれしい!」
「オーマイガー、なんて素敵なの!!」
「本当にかわいい」
「美しい家族。今年のチームへの貢献に感謝している」
「あの笑顔! 時が経つのは早いから、しっかりと楽しんで!」
「カブスファンとして本当に感謝している。酷使されているけど、今年素晴らしい働きをしている」
「カブスで素晴らしいプレーをしているよ、アンソニー!」
「これからも圧倒し続けて」
「可愛らしい娘さん!」
「素晴らしい! 美しい写真!」

 日本ハムでプレーした2016年は、救援ながら日本シリーズで3勝を挙げる活躍を見せ、チームの10年ぶり日本一に貢献した右腕。今季はカブス傘下3Aで開幕を迎えたが、6月11日に昇格して以来、12試合に投げて防御率0.73の好成績を残している。愛する家族との楽しい一時で鋭気を養い、世界一奪還を狙うチームに大きく貢献したい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)