阪神、ヤクルトに勝ち越して同率2位浮上 2回に一挙6得点、小野は4勝目

阪神、ヤクルトに勝ち越して同率2位浮上 2回に一挙6得点、小野は4勝目

ヤクルトvs阪神の試合結果

追加点は奪えずも…リード守る、ヤクルト先発・寺島はプロ2戦目もKO

■阪神 6-5 ヤクルト(1日・神宮)

 阪神は1日、敵地でのヤクルト戦に6-5で勝利し、2位タイに浮上した。2回に相手先発の寺島から一挙6得点。追加点は奪えなかったものの、先発・小野が6回5安打3失点にまとめると、救援陣もリードを守り、2連勝でヤクルトに勝ち越した。

 2回、阪神は1死から俊介が先制ソロ。さらに、原口はライト前ヒット。北條は遊ゴロも、中谷、小野が連続四球で2死満塁とすると、糸原がレフトへの2点タイムリーを放った。

 さらに、熊谷は四球で再び満塁とすると、ナバーロは押し出し四球。陽川はライト前へのタイムリーで、さらに2点を加えた。この回だけで6得点。プロ2度目の先発マウンドだった寺島をKOした。

 小野はその裏、井野のタイムリーで1失点。3回には雄平の適時二塁打などで2点を失う。それでも、6回3失点のクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)にまとめ、救援陣に託した。

 7回は藤川が2死満塁のピンチを招くも雄平を右飛。8回は桑原、9回はドリスが登板してリードを守り、勝利した。小野は4勝目(2敗)。阪神は2連勝でヤクルトと同率2位に浮上。2位以下が大混戦のセ・リーグで好位置に戻ってきた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)