【MLB】ヤンキースのヒガシオカがメジャー初安打初本塁打 日系アメリカ人4世

【MLB】ヤンキースのヒガシオカがメジャー初安打初本塁打 日系アメリカ人4世

ヤンキースのカイル・ヒガシオカ【写真:Getty Images】

正捕手サンチェスの離脱により、メジャー昇格

 日系アメリカ人4世のカイル・ヒガシオカ捕手が、メジャー初安打初本塁打を放った。1日(日本時間2日)、本拠地で行われたレッドソックス戦。6点をリードした4回に、左翼スタンドへと飛び込むソロ本塁打を放った。

 2008年のドラフト7巡目でヤンキースに入団したヒガシオカは、2017年にメジャーデビューを飾ったものの、9試合に出場して18打数無安打2四球と初安打はお預けに。今季はマイナーで開幕を迎えたが、正捕手ゲーリー・サンチェスの離脱に伴い、メジャー昇格。6月27日の敵地フィリーズ戦で初出場。今季はこの日まで2試合で3打数無安打1四球となっていた。

 この日のレッドソックス戦は「8番捕手」でスタメン出場。2回の第1打席は見逃し三振に倒れており、メジャー26打席目で、嬉しい初安打初本塁打となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)