【MLB】打者もお手上げな“壁登りキャッチ” ブ軍ピラーの「スーパーマン」な超美技

【MLB】打者もお手上げな“壁登りキャッチ” ブ軍ピラーの「スーパーマン」な超美技

ブルージェイズのケビン・ピラー【写真:Getty Images】

中堅後方の大飛球にフェンスでジャンプしてキャッチ

 ブルージェイズのケビン・ピラー外野手が見せたスーパープレーに驚きの声が上がっている。1日(日本時間2日)、本拠地で行われたタイガース戦。8点ビハインドの9回に、その美技は起こった。

 9回1死二塁で、打席にはニコラス・カステヤノス。元ヤクルトのプレストン・ギルメットが投じた2球目を捉えた打球は快音を響かせ、中堅後方を襲う大飛球となった。打たれた瞬間、ギルメットは本塁打を覚悟したのか、ガックリと肩を落とした。ホームランか。誰もがそう思った直後、ピラーのスーパープレーがギルメットを救った。

 猛ダッシュで打球を追ったピラー。スピードを緩めることなく、フェンス手前でジャンプ。さらに右足でフェンスを蹴って、もう1段階ジャンプすると、グラブを伸ばし、フェンスを超える寸前のところで打球をもぎ取ったのだ。

 “ホームラン1本を損した”カステヤノスですらも拍手で称賛した超美技。これには、動画を紹介したMLB公式ツイッターも驚くしかない。「あんなに高いフェンスで本塁打を強奪するのは難しい。ケビン・ピラーは簡単そうに見せた」とレポート。これには、ファンからも次々と驚きの声が寄せられた。

「キャッチ・オブ・ザ・イヤー」

「素晴らしいプレー」

「打者も称賛しているのが良いね。良いスポーツマンシップだ」

「彼はスーパーマンだ。本当に」

「とても素晴らしい」

「これより良いプレーはないね!」

「スーパーマンにゴールドグラブ賞を!ケビン・ピラー大好き!」

「美しい!」

「スーパーマン」

「年間最優秀プレー」

「信じられないキャッチ!」

「この男にはただただ脱帽だ。アメイジング」

「重力を無視している」

「ピラーは人間ではない」

 世代によっては、元ヤクルトの飯田哲也氏(現ソフトバンクコーチ)を思い起こさせるようなジャンピングキャッチ。まさに「アメイジング」なスーパープレーだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)