【MLB】大谷の「二刀流ボブルヘッド」は“お宝化”必至!? エ軍が公開、ファン「欲しい」

【MLB】大谷の「二刀流ボブルヘッド」は“お宝化”必至!? エ軍が公開、ファン「欲しい」

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

13日に本拠地で配布へ、地元ファン「本当に、本当に行きたい」

 エンゼルスの大谷翔平投手が早ければ3日(日本時間4日)の敵地マリナーズ戦で復帰する可能性が浮上している。右肘内側側副靱帯損傷で故障者リスト(DL)入りしている二刀流右腕だが、再検査の結果、打者としての復帰に“ゴーサイン“が出ていた。12日(同13日)の本拠地マリナーズ戦では、初めて“二刀流ボブルヘッド人形”がファンに配布される予定で、球団公式インスタグラムも写真付きで紹介。ファンからは「欲しい」の声が続々とあがるなど、大谷の復活へ向けて早くも盛り上がり始めている。

 先月7日(同8日)に多血小板血漿(PRP)注射と幹細胞注射を受けていた大谷は、予定通り3週間後の28日(同29日)に再検査を行った。その結果、靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を回避することが決定。打者としての出場に問題はなく、まずはDHとして試合に戻ってくる。

 米メディアは早ければ3日にも復帰する見込みと伝えているが、直後には本拠地エンゼルスタジアムで“ビッグイベント“がある。12日の本拠地マリナーズ戦で大谷の“二刀流ボブルヘッド”が配布されるのだ。エンゼルスは、インスタグラムで映画のポスターのような作りのプロモーション画像を紹介。投げる大谷、打つ大谷の人形とともに、「7月12日」の日付、そして「大谷翔平」という漢字の入った文言が刻まれている。

 その内容は「投手と打者の両立を否定されたら、彼らに“大谷翔平”のことを教えるんだ」。開幕から負傷離脱するまでの2か月間、投打両方で圧倒的なパフォーマンスを見せた大谷を称える内容だ。インスタグラムでは「このショウのフレッシュさはお墨付き」として、「ローソンチケットの厚意により、7月12日に来場したファンはオオタニのダブルボブルヘッドがもらえます」と“一大イベント“の内容を紹介した。

 フォロワーは“二刀流ボブルヘッド“のゲットへ向けて、早くも意欲を見せている。

「行かなければ」

「行くならもらってきて」

「なんてこった」

「行くぞ!」

「チケット取った」

「素晴らしい」

「欲しい」

「これは最高だ」

「史上最高のボブルヘッド」

「本当に、本当に行きたい」

「超クール」

「ショォォォォータイム」

「良いスローガンだ」

 お宝になりそうな気配が早くも漂う“大谷人形”。その前に復帰を果たしていれば、まさに“オオタニデー”となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)