「プロだけで記憶に」―「ミラクル星稜」のエース、ロッテ右腕が歩む1軍への道

「プロだけで記憶に」―「ミラクル星稜」のエース、ロッテ右腕が歩む1軍への道

ロッテ・岩下大輝【写真:佐藤直子】

2014年夏を沸かせた「ミラクル星稜」エース岩下大輝

 交流戦では12球団断トツの防御率2.40を誇り、11勝7敗のパ・リーグ2位で終えたロッテ。開幕当初は湿りがちだった打線も、チーム打率.278と12球団トップだった。投打のかみ合った試合運びでリズムを掴み、再び戦いをペナントレースへと戻す中、2軍では自分もその一角に名を連ねようと必死でアピールを続ける若手選手がいる。

 1軍に割って入ろうと奮闘するロッテ若手スターをご紹介する「1軍をマクレ」第3回は、4年目右腕・岩下大輝投手にスポットライトを当てた。

――――――――――――――

 今年で100回を迎える夏の甲子園。各都道府県では早くも予選が始まろうとしている。

 今から4年前、2014年に旋風を巻き起こした「ミラクル星稜」を覚えているだろうか。石川県大会決勝の9回裏、小松大谷を相手に0-8と大きく差を開けられた星稜は、打者13人の猛攻で一挙9点を叩き出し、劇的なサヨナラ勝利を飾った。甲子園では16年ぶりの3回戦進出を果たしたチームのエースだった岩下大輝は、プロ4年目の今季、1軍初昇格を目指してロッテ浦和球場で汗を流している。

 プロ入り後は相次ぐ怪我に泣かされた。入団直後に右肘靱帯に損傷があり、“緩んでいる”ことが発覚。保存療法で様子を見たが、靱帯の緩みで骨の過剰な摩擦が生じ、シーズン終了間際に右肘を疲労骨折した。骨折を治すボルトを肘に入れる手術を受けるのに合わせて、靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)も決意。2年目はリハビリと投球再開に向けた準備で終えた。

「最初、肘の靱帯が緩んでいるって言われた時が、一番ショックでしたね。まだスタートラインにも立ってないのに。プロに入ったばかりでこんな怪我をしちゃったらヤバいなって。でも、疲労骨折をしたら、手術するしか選択肢がなかった。逆にそこからは『高卒1年目だし、まだ時間はある』って腹を括れました」

手術後に超えた150キロの壁

 リハビリを終え、実戦マウンドに戻ったのは3年目の2017年。「怖かったです。また肘が飛んじゃうんじゃないかなって。でも、最初の試合を投げ終えたら『大丈夫だな。ある程度は腕が振れるな』って少しずつ感覚が戻ってきた感じです」と振り返る。だが、ボルトを埋め込み、靱帯を再建した“新しい”肘。慣れるまでには時間がかかる。何も考えず思い切り腕を振れるようになったのは「今年ですね」という。

「去年と今年は腕の振りが全然違う。もうひと伸びできてる感覚があります」という感覚に間違いはないだろう。今年に入って球速が大きくアップし、時速150キロの壁も超えた。肘の状態がいいことに加え、キャッチボールの相手になってもらった高野圭佑の投球フォームを研究した。

「キャッチボールをしながら、なんであんなに速い球が投げられるんだろうって考えましたね。僕が思ったのは、150キロ出る投手は投球動作の中でボールが一番高い位置に来てから手を離れるまで、腕の振りがめちゃめちゃ強いんです。押し出す感じ。強いというか速い。僕は元々うまくスピンをかけてきれいに投げるタイプだったんですけど、そこはあまり気にせずに、フィニッシュを強く速くというイメージを持ったらいい方向につながりましたね」

 149キロと150キロの差は大きい。「投げたら、もうミットに入ってる感じ」だと言い、一度味わうと何度でも試してみたくなる感覚だという。当面の目標は「高野さんが154キロを出したんで155キロまでは。高野さん超えはしたいです」と大きな笑みを浮かべる。簡単に達成できる目標ではないが、そこに達するヒントは得た。

「腕の振りだけじゃなくて、体幹の部分=回転軸にスピードを加えられるか。でんでん太鼓の要領で、体の中の回転軸が無駄なくコンパクトに回転すれば、自然と腕の振りも速くなると思うんです。そういうイメージを持っていますね」

「早く壁にぶち当たりたいです」

 小学生の頃からプロ野球選手を目指した。公務員や調理師など他の職業のように、努力すればプロ野球野球選手になれると信じていたという。中学や高校での3者面談でも「プロ入ります」の一言を貫いた。「逆に、将来何をやりたいのか答えられない子たちが不思議でしたね。ケーキ屋さんになりたいんだったら、その目標のままいけばいいのにって思ってたんです」と振り返る。

 その信念通り、2015年にプロの門を叩いたが、もしかしたらプロ入りが4年遅れた可能性もあったという。あの「ミラクル星稜」がなければ、大学に進学していたかもしれなかった。

「夏の石川県大会中、体調を崩してまったく状態が上がらなくて、スカウトの方の前でいいピッチングができなかったんです。これは無理だなって思っていたら、甲子園で徐々に戻ってきて。それでもプロか大学か葛藤しましたね。今ではいい選択をしたって思ってます。最高です」

 実は、よくも悪くも「ミラクル星稜」の中心にいたのは岩下だった。先発マウンドに上がって3回6失点し、再登板した9回は3者連続三振。そして9回裏には左翼場外へ2ランを運び、奇跡の逆転劇をつないだ。「時期になると言われますね。でも、めちゃめちゃいい思い出です」とはいうが、今は1日でも早く1軍に上がり、それを上回る活躍をすることが目標だ。

「派手でなくてもいいから濃くしたいですね。もう高校の話をしなくていいくらい、プロの話だけでバチッと記憶に残ることができたら最高です。僕はまだ1軍を経験していないから、壁にぶつかっていない。早く壁にぶち当たりたいです。そうして初めて、その先に進めると思うので」

 昨秋のキャンプで井口資仁監督は、投手全員に「しっかりストレートで勝負できる投手になるように」と伝えたという。この時を振り返りながら、岩下は「真っ直ぐで勝負できるって僕にピッタリ。得意です(笑)」と屈託ない笑顔を見せた。

「今年の位置づけはめちゃめちゃ大事。今年中に1度は上で投げないと」。ここまで2軍では13試合に登板し、1勝2敗、防御率6.93。決して見栄えのする成績ではないが、1球1球に1軍昇格への思いを込める。シーズンは残り半分。まずは1度のチャンスを掴むため、2軍で懸命に投げ続ける。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)