巨人澤村、終盤8回のピンチで危険球退場 1失点後、直球が桑原の頭部かすめる

巨人澤村、終盤8回のピンチで危険球退場 1失点後、直球が桑原の頭部かすめる

巨人対DeNAの試合経過

153キロの直球がヘルメットをかすめる、緊急登板のマシソンはリード守る

■巨人 – DeNA(3日・東京ドーム)

 巨人の澤村拓一投手が3日のDeNA戦で終盤8回のピンチで危険球退場した。

 6-4と2点リードの場面でマウンドに上がった澤村。しかし、先頭の柴田に四球を与えると、代打・乙坂は中前打。石川は犠打で1死二、三塁とされ、佐野のニゴロの間に1点を失った。

 なおも2死三塁のピンチで、カウント1-1から桑原への3球目は内角高めへ。153キロの直球が桑原のヘルメットをかすめる死球に。この1球で澤村は危険球退場。巨人は抑えのマシソンをマウンドに送る緊急事態となったが、神里を打ち取り1点のリードを守った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)