Aクラス5球団→引き分けロッテ&オリが4位、鷹3位に…混パ、3日はこうなった

Aクラス5球団→引き分けロッテ&オリが4位、鷹3位に…混パ、3日はこうなった

ソフトバンク・工藤監督、西武・辻監督、日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

首位決戦は西武が勝利して日本ハムと2ゲーム差に

 稀にみる大混戦となっている今季のプロ野球。セ・パ両リーグともに団子状態で、連日、順位が激しく入れ替わっている。パ・リーグは7月1日時点で3位に3球団が並び、5球団がAクラスという史上稀に見る“珍現象”が発生。1日のオフを挟んで3試合が行われた3日も順位に変動があった。

 3位対決となったロッテ-オリックスは2-2の引き分け。ロッテが4回に井上のソロ、5回には藤岡裕のタイムリーで1点ずつを奪うも、オリックスは6回にロメロが同点2ラン。そのまま延長に突入したが、救援陣がスコアボードに「0」を並べた。ロッテは6回以降は無安打に終わった。

 一方、最下位の楽天と対戦したもう1つの3位ソフトバンクは、5-2で勝利。3回に柳田と内川のタイムリー、4回に西田のソロ弾、5回にデスパイネの2ランと着実に加点。先発の千賀は7回にアマダーに2ランを浴びたが、救援陣がリードを守った。その結果、引き分けたロッテとオリックスが順位を下げて4位タイと揃ってBクラスに“転落”。勝ったソフトバンクが単独3位となった。

 また、西武と日本ハムの首位攻防戦は、西武が勝利。2回に中村の2ラン、3回に山川のタイムリー、4回に秋山と源田のタイムリーが飛び出し、3イニングで5点を奪った。先発の十亀は8回途中無失点と好投。9回に増田がヒヤリとさせたものの、最後はカスティーヨが締めて初戦を制し、2ゲーム差とした。首位から4位まで5球団が4.5ゲーム差にひしめき合っている。

【7月1日終了時点】
1西武 41勝30敗1分
2日本ハム 41勝32敗0分 1.0
3ソフトバンク 37勝34敗0分 3.0
3オリックス 37勝34敗3分 0
3ロッテ 37勝34敗0分 0
6楽天 27勝45敗1分 10.5

【7月3日終了時点】
→1西武 42勝30敗1分
→2日本ハム 41勝33敗0分 2.0
→3ソフトバンク 38勝34敗0分 2.0
↓4位オリックス 37勝34敗4分 0.5
↓4位ロッテ 37勝34敗1分 0
→6位楽天 27勝46敗1分 11.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)