2死からの全得点 十亀の好投に打線が応え、首位攻防初戦は西武に軍配

2死からの全得点 十亀の好投に打線が応え、首位攻防初戦は西武に軍配

力投でチームを勝利へ導いた西武・十亀剣【画像:(C)PLM】

2位日ハムとのゲーム差は「2」に「序盤に上沢投手から点を取れたのが良かった」

■西武 5-2 日本ハム(3日・札幌ドーム)

 しぶとく食らい付いてくる日本ハムを、またも突き放した。西武が3日、首位攻防戦の初戦に快勝し、日本ハムとのゲーム差を2に広げた。

 十亀の力投が光った。「直球はあまり良くなかったんですが、変化球でカウント負けせずに投げられてよかった」。8回途中無失点で今季5勝目。「最後、中継ぎの人に力を借りてしまった」と、8回2死一、二塁で、田中賢に四球を与え満塁としたところで降板した場面を反省したものの、先発投手としての仕事を十分に果たした。

 力投に打線も序盤から援護した。2回2死一塁、中村が右翼に4号2ランを放って先制。「助かりました。早い回で点を取ってくれて、楽に投げられた」と、十亀も感謝した一発。6度の本塁打王のタイトルを獲得している中村だが、今季は不振にあえぎ、ここまで打率も1割台、この日も8番打者としての出場。しかし、ここぞの破壊力は健在とばかりに、先制弾をお見舞いした。

 すると、3回には2死二塁から新4番の山川が左前に適時打。4回2死一、三塁から秋山、源田の連続適時打と、4回までに5得点。3度の得点シーンはすべて2死からと、強力打線が集中力を見せつけた形だ。

 ゲーム差1。連敗すれば首位陥落というところで迎えた札幌での首位攻防戦。しかも、相手はチームの勝ち頭、防御率2位の上沢が先発と、難しい試合展開が予想されたが「序盤に上沢投手から点を取れたのが良かった」と、試合後に辻監督が語った通り、打線が奮起し、それが十亀に勢いをつけることにもつながった。

 パ・リーグの試合前の順位は、上位5球団がAクラス、4ゲーム差の中にひしめき合うという稀にみる混戦状態。この日の勝利で、2ゲーム差を離した格好の西武だが、しばらくは気が抜けない試合が続きそうだ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)