【MLB】大谷翔平、復帰戦は第2打席まで凡退 元西武ルブランの前に三振&左邪飛

【MLB】大谷翔平、復帰戦は第2打席まで凡退 元西武ルブランの前に三振&左邪飛

「6番・DH」でスタメン出場のエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

「6番・DH」でスタメン出場

 右肘内側側副靭帯損傷で故障者リスト(DL)入りしていたエンゼルスの大谷翔平投手が、3日(日本時間4日)のマリナーズ戦で復帰。「6番・DH」でスタメン出場し、第1打席は見逃し三振、第2打席は左邪飛に倒れた。

 大谷は0-3の2回、先頭打者で復帰初打席も、元西武の先発左腕ルブランの外角低めへのカットボールがコースギリギリに決まり、バットが出ず。見逃し三振に倒れた。さらに、シモンズのソロ弾で1-3とした直後の第2打席は、4回1死走者なしの場面で左邪飛だった。

 大谷は6月8日(同9日)にDL入り。3週間後の再検査で靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)の必要はなしと診断されていた。打者での出場は6月4日(同5日)のロイヤルズ戦以来、29日ぶりとなっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)