「どんな場面でもいつでも準備を」―強力救援陣を支えるロッテ南の覚悟

「どんな場面でもいつでも準備を」―強力救援陣を支えるロッテ南の覚悟

ロッテ・南昌輝【写真:荒川祐史】

今季はすでに29試合登板「できるだけ全力で腕を振るように」

 チームの反撃を呼び込みたいという重要な場面を中心に登板するロッテの南昌輝投手。プロ8年目の今季は開幕から7試合連続無失点に抑えていたが、4月22日の西武戦で3失点、28日の日本ハム戦で失点し、4月終了時点で防御率は5.40だった。

 5月は6日の日本ハム戦で失点したが、その他の試合では無失点。抜群の安定感を見せた。特に3・4月は左打者に対して11打数6安打、被打率.545と打ち込まれたが、5月は左打者を19打数1安打と完璧に封じ込んだ。

 5月に入ってからストレートに勢いが出てきた印象で、南は「できるだけ全力で腕を振るようにしています」と力強いストレートを投げるため、腕の振りを意識しているという。

 南が調子を上げてきたなか、セットアッパーのシェッパーズが6月1日に1軍登録を抹消。開幕からビハインドゲームで投げることの多かった南だが、今後は勝ち試合で投入される可能性も十分に考えられる。

「マリーンズには中継ぎに良いピッチャーが揃っているので、与えられたところでしっかり投げられれば」と話し、「ベンチからいけと言われたら、どんな場面であってもいつでもいける準備はしたいと思います」とポジションにこだわらず自身の役割を全うしていく覚悟だ。

 今季は既に昨季の19試合を上回る29試合に登板している南。チームを勝利に導くため、これからもブルペンで“どんな場面でも投げられる”準備をしていくつもりだ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)