阪神、藤浪5回1/3、4安打4失点で降板 自身3連勝ならず

阪神タイガース藤浪晋太郎、中日ドラゴンズ戦で5回1/3に4失点で降板 自身3連勝ならず

記事まとめ

  • 阪神の藤浪晋太郎が中日戦に先発し5回1/3、4失点で降板し自身3連勝とはならなかった
  • 藤浪は2回に松井雅人に適時打を浴び先制を許し3回は高橋周平に2点タイムリーを浴びた
  • 松井雅人に四球を与えたところで藤浪は降板し、2番手の能見篤史が後続を抑えた

阪神、藤浪5回1/3、4安打4失点で降板 自身3連勝ならず

阪神、藤浪5回1/3、4安打4失点で降板 自身3連勝ならず

阪神対中日の試合経過

2回に松井雅に先制打を浴び、3回にはアルモンテ、高橋に連続タイムリー

■阪神 – 中日(4日・甲子園)

 阪神の藤浪晋太郎投手が4日、本拠地での中日戦に先発。5回1/3、4安打4失点で降板し自身3連勝とはならなかった。

 藤浪は初回は3者凡退の好スタートを切ったが、2回は先頭のビシエドにストレートの四球を与えると2死一、二塁から松井雅に中前適時打を浴び先制を許す。さらに続く3回は2死から平田に四球、ビシエドには左前打を浴び一、三塁とするとアルモンテに中前適時打、高橋に2点タイムリーを浴びこの回3点を失った。

 5回は2死からビシエドに四球を与えたが続くアルモンテを二飛に仕留め無失点。それでも6回。1死二塁から松井雅に四球を与えたところで降板となった。2番手には能見がマウンドに上がり後続を抑えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)