広島ジョンソン8回1/3、2失点で5勝目 2位ヤクルトとのゲーム差7.5に広げる

広島ジョンソン8回1/3、2失点で5勝目 2位ヤクルトとのゲーム差7.5に広げる

広島対ヤクルトの試合結果

2点差に詰め寄られ2死満塁の大ピンチも最後は中崎が川端を見逃し三振

■広島 4-2 ヤクルト(4日・マツダスタジアム)

 広島のジョンソン投手が4日、本拠地でのヤクルト戦に先発。8回1/3、5安打2失点の快投で5勝目を挙げた。チームは4-2で勝利し首位攻防戦を制した。

 危なげない投球でスコアボードに「0」を並べた。初回、先頭の西浦、山崎、山田哲を3者連続三振に仕留めると4回まで一人の走者を許さない完璧な投球を見せる。5回の先頭バレンティンに二塁打を浴びたが落ち着いて後続を抑えピンチを切り抜ける。

 その後もヤクルト打線を寄せ付けない快投を見せつけ9回のマウンドへ。先頭の代打・雄平に三塁内野安打、西浦に中前打を浴び暴投で無死一、三塁。続く荒木の遊ゴロの間に1点を失い完封を逃すと、山田哲に右前打を浴び1死一、三塁となったところで降板した。

 後を受けた中崎はバレンティンに左前タイムリーを浴び2点差に詰め寄られたが坂口を空振り三振、畠山に四球を与え2死満塁のピンチを招いたが川端を見逃し三振に抑えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)