阪神4点差を追いつく逆転勝利! 8回大山が右越え適時三塁打で勝ち越し

阪神4点差を追いつく逆転勝利! 8回大山が右越え適時三塁打で勝ち越し

阪神対中日の試合結果

藤浪は6四球と制球を乱し6回途中4失点で降板

■阪神 6-5 中日(4日・甲子園)

 阪神は4日、本拠地・甲子園での中日戦を6-5で勝利した。4-4の同点で迎えた8回に大山が右越えタイムリー三塁打を放ち試合を決めた。

 一時は4点ビハインドも6回にナバーロの左犠飛で同点に追いついた阪神は8回。先頭のナバーロが左前打で出塁すると2死二塁から大山が右翼平田の頭上を越えるタイムリー三塁打を放ち勝ち越しに成功。さらに続く梅野もしぶとく二塁内野安打を放ちこの回2点を加えた。

 先発の藤浪は5回1/3、4安打6四球4失点で自身3連勝ならず。6回途中から能見、7回を藤川、8回は桑原、9回はドリスが中日の反撃を1点に抑え逆転勝ちを収めた。

 中日は先発の大野雄が4点のリードを守れず5回1/3、7安打4失点で降板し今季初勝利を逃した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)