【MLB】元Gマイコラスが9勝目! 6回2失点の粘投、平野炎上で白星が転がり込む

【MLB】元Gマイコラスが9勝目! 6回2失点の粘投、平野炎上で白星が転がり込む

Dバックス戦で好投したカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:AP】

先制点を許すも、代打を送られた7回に味方が逆転に成功

 元巨人でカージナルスのマイルズ・マイコラス投手が4日(日本時間5日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、今季9勝目をマークした。今季17試合目の先発マウンドに上がった右腕が6回7安打2失点の力投を見せると、1点ビハインドの7回にチームが逆転し8-4と勝利。白星が転がり込んだ。

 マイコラスは3回までピンチを招きながら、無失点投球を続けていたが、4回に先制点を奪われた。2死二塁からジョイに左前安打を浴びた。二塁走者のダイソンは三塁を回ったところで転倒したものの、中継に入った三塁手カーペンターが二塁へ悪送球。この間にダイソンが生還。さらに一、二塁からラムに中前適時打を許しこの回2点を失った。

 6回7安打2失点と粘りの投球を見せたマイコラス。カージナルスは7回の攻撃でムニョスが、平野佳寿の無失点記録を止めるソロ本塁打を放って同点とすると、ここからカージナルス打線が爆発。マイコラスには代打が送られて降板となったが、ファムが勝ち越しの適時打を放つと、モリーナがリードを広げる3ラン。この回一挙に5点を奪い、マイコラスが勝利投手の権利をつかんだ。

 カージナルスはその後、リリーフ陣がダイヤモンドバックスの反撃を浴びて点差を詰められたが、辛くも逃げ切りに成功。マイコラスが今季9勝目をマークした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)