今季は約8.9億円から11万円も… 50年を超えるMLBドラフトの歩み

今季は約8.9億円から11万円も… 50年を超えるMLBドラフトの歩み

あのケングリフィーJrでもドラフト指名時の契約金は約1760万円だった【写真:Getty Images】

2018年は1巡目から40巡目まで1214人がドラフト指名

 メジャーのドラフトが6月4日から3日間、行われた。指名を受けたのは1巡目から40巡目まで計1214人。メジャーでの活躍を夢見て、若者たちがプロ生活をスタートする。

 さてここで、メジャーにおけるドラフトの歩みを簡単に振り返ってみたい。第1回が行われたのは1965年であった。ドラフト制はフットボールのNFLが他に先駆けて1936年から実施しており、バスケットボールのNBAもアイスホッケーのNHLもメジャーより前に採用していた。

 狙いは戦力均衡である。ドラフト以前は自由競争で、資金力が豊富なヤンキースに有力選手が集中して、まさに常勝だった。どれほどかというと、1947年から1964年までの18年間でワールドシリーズ出場15度。ケーシー・ステンゲル監督の下で1949年から1953年までワールドシリーズ5連覇を果たしている。ジョー・ディマジオ、ヨギ・ベラ、ミッキー・マントル、ロジャー・マリスといったスターたちが輝いていた。

 ただ、いくら人気球団とはいえ、あまりに実力が不均衡だと、リーグとしての人気面では好ましくない。実際、大リーグの1試合平均観客数は1947年に約1万6000人だったが、1963年は1万2000人あまり、1964年も1万3000人ほどと落ちていた。そこでドラフトを導入したのだった。

 ヤンキースは1965年から11シーズンにわたってワールドシリーズと縁が切れた。ベテランが衰えてチーム力が落ちていたのだが、ドラフトの登場とともに黄金時代を終えるという、象徴的な格好になったのだった。

 ヤンキースがワールドシリーズに戻るのは1976年。翌1977年に15年ぶりで頂点に立った。1976年に生まれたFA(フリーエージェント)制度のお陰で息を吹き返した。

 ドラフト導入で、戦力均衡の他にも経済的負担が軽減するというメリットも球団に生まれた。自由競争最終年の1964年、ウィスコンシン大のリック・ライハルトは契約金20万5000ドル(約2260万円)でエンゼルスと契約した。1965年の第1回ドラフトの全体1位でアスレチックスに指名されたアリゾナ州立大のリック・マンデーの契約金は10万ドル(約1100万円)。ライハルトの半分であった。

1987年の全体1位グリフィーJr.は約1700万円、同年NPBは…

 1987年のドラフトでマリナーズから全体1位指名を受けたケン・グリフィーJr.の契約金は16万ドルだった。現在の日本円で約1760万円である。ちなみに同年のNPBのドラフトで、ヤクルトから1位指名された長嶋一茂の契約金は8000万円だった。

 この頃は「日本ではまだプロで実績のない新人に多額の契約金を出すが、メジャーでは新人に大金を注ぎ込むことはない。しかし、メジャーに昇格して一流になれば、日本とは比べものにならない年俸を手にできる」などと言われていたものだ。

 ところがメジャーでも「実績のない新人に多額の契約金を出す」ようになる。代理人がアマチュア選手にまでビジネスを広げるようになったのだ。入団拒否をちらつかせるなどの手段を使って契約金をつり上げた。1990年代になると100万ドル(約1億1000万円)を超え、2000年代にはさらにアップ。2011年の全体1位でパイレーツに指名されたカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)のゲリット・コール(現アストロズ)は800万ドル(約8億8100万円)にまで達した。

 契約金の高騰を抑えるため、2012年から現行の制度を採用した。これで1巡目から10巡目まで全体の指名順位ごとに契約金の目安(pick value)を設定し、各球団はその合計額(Bonus Value)内で収めることとした。超えた場合には罰金や翌年の1巡目指名権の剥奪といったペナルティが科せられる。

 具体的に言うと、今年の場合、全体1位の目安は809万6300ドル(約8億9100万円)。全体2位の目安は749万4600ドル(約8億2500万円)。この調子で10巡目の最後である全体314人目の13万6800ドル(約1500万円)までが設定された。合計額は最多がロイヤルズの1278万1900ドル(約14億700万円)で2番目がレイズの1241万5600ドル(約13億6700万円)、3番目が全体1位指名権を持つタイガースの1241万48000ドル(約13億6700万円)。最少はドジャースの528万8200ドル(約5億8200万円)だった。目安はあくまで目安。合計額の中でどう振り分けるかは各球団に任される。

 ついでに言うと、ドラフトで指名した選手にはマイナー契約しか許されない。

 今年の全体1位はオーバーン大の右腕ケーシー・マイズ。6月25日に契約し、契約金は750万ドル(約8億2600万円)だった。合計額の都合で目安の809万6300ドル(約8億9100万円)よりも低かったが、現在のシステムになって最高額であった。全体2位でジャイアンツに指名されたジョージア工科大の捕手、ジョーイ・バートは目安額749万4600ドル(約8億2500万円)のところ、702万5000ドル(約7億7300万円)で契約を交わしている。

 現在のシステムでも上位指名者には派手な金額がつくが、下位はそうはいかない。10巡目で指名された中には、契約金1000ドルの選手が複数いた。約11万円。厳しいマイナー生活を乗り切るには辛いところだと思うが、可能性は広がっている。(樋口浩一 / Hirokazu Higuchi)

関連記事(外部サイト)