【MLB】レ軍救援怪我続出…元燕バーネット、元ハム・マーティンが相次いでDL入り

【MLB】レ軍救援怪我続出…元燕バーネット、元ハム・マーティンが相次いでDL入り

レンジャーズのクリス・マーティン【写真:AP】

バーネットは右肩、マーティンは左股関節を負傷

 元日本ハムでレンジャーズのクリス・マーティン投手が5日(日本時間6日)、左股関節を負傷し、今季3度目の故障者リスト(DL)入りをした。また、前日の4日(同5日)には元ヤクルト守護神のトニー・バーネット投手が右肩を負傷してDL入り。マーティンはバーネットの代わりにメジャー昇格を果たしたばかりだった。地元紙「フォートワース・スターテレグラム」が伝えている。

 今季からメジャー復帰したマーティンは開幕ロースター入りを果たしたが、5月2日に右前腕の違和感でDL入り。同20日に戦列復帰するも、6月15日に右ふくらはぎの故障で再びDLへ(12日まで遡る)。同22日に戦列復帰後は4試合に投げて2失点。7月3日に傘下3Aに降格となった。だが、翌4日にバーネットがDL入りしたため、マーティンが緊急昇格。同日のアストロズ戦で1回を投げたが、登板中にマウンド上で滑り、左股関節を負傷したという。

 前半戦だけで3度もDL入りとなってしまったマーティンは、今季はここまで28試合に投げて1勝2敗、防御率4.32の成績。一方のバーネットは22試合で2勝0敗、防御率2.39の成績を残していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)