巨人メルセデス、デビュー戦で5回無失点無四球の好投 初勝利の権利持ち降板

巨人メルセデス、デビュー戦で5回無失点無四球の好投 初勝利の権利持ち降板

巨人・メルセデスが初登板で5回無失点の好投

初登板で好投、打線も長野&マギー&坂本の本塁打で援護

■ヤクルト – 巨人(10日・神宮)

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手が10日、敵地ヤクルト戦で初登板し、5回5安打2奪三振無四球無失点と好投。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 8日に支配下登録となったばかりの左腕はこの日1軍登録され、初の先発マウンドへ。初回は2死から山田にレフト前ヒットを浴びるも、バレンティンを二ゴロ。2回は全て内野ゴロで3者凡退に抑えた。

 3回も2死から西浦にレフト前ヒットを許したが、川端は三ゴロで3アウト。4回は山田にセンター前ヒットを浴び、初めて先頭打者を出したが、バレンティンを空振り三振、畠山を遊ゴロ、坂口を遊直と後続を断った。

 5回は先頭の雄平にセンター前ヒットを浴びたものの、中村は併殺打。続く谷内にはツーベースを許したが、西浦を遊ゴロに仕留めて無失点。6回の攻撃で代打を送られた。

 打線は長野、マギー、坂本の一発で5点を奪取。援護をもらったメルセデスは5回を88球で投げきり、初勝利の権利を持って降板した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)