球団別オールスターMVPの歴史を振り返る 王、長嶋、清原、イチローは?

球団別オールスターMVPの歴史を振り返る 王、長嶋、清原、イチローは?

今季のオールスターMVPを受賞した西武・源田(左)、森【写真:荒川祐史】

王貞治が3回受賞なのに長嶋茂雄はゼロ、清原和博は断トツの計7回

 2018年オールスターゲームは西武勢の森友哉、源田壮亮と2試合とも西武勢がMVPに輝いた。オールスターのMVPは、選手のキャリアに記される大きな勲章だ。1951年第1回大会からの球団別のMVPの受賞の動向を見ていこう。

球団別のMVP受賞回数。(1)(2)(3)は第1試合、第2試合、第3試合

○1位 巨人24回
王貞治3回 1963年(2)1977年(3)1979年(1)
松井秀喜3回 1995年(2)1998年(2)1999年(1)
宮本敏雄2回 1957年(2)1958年(1)
清原和博2回 1997年(2)2000年(3)
阿部慎之助2回 2007年(2)2010年(1)
川上哲治1951年(1) 平井三郎1953年(2) 柴田勲1968年(2) 吉田孝司1976年(3) 山倉和博1981年(3) 江川卓1984年(3) クロマティ1985年(2) 吉村禎章1986年(3) 駒田徳広1992年(3) 落合博満1995年(1) 高橋由伸2003年(1) 澤村拓一2013年(1)

 オールスターのMVP選手は勝利チームから選ばれる。ここまでパが84勝、セが78勝とパが勝ち越しているが、MVPを最も多く受賞した球団はセの巨人だ。12球団一の人気球団だけに、選出される選手が多いのだ。王、松井と新旧の主砲が3回ずつMVPを受賞しているが、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄は一度も受賞していない。長嶋はオールスターの通算打率.313と活躍していたが、運に恵まれなかった。

○2位 南海―ダイエー―ソフトバンク20回
森下整鎮(正夫)2回 1960年(1)1956年(1)
広瀬叔功2回 1961年(1)1966年(1)
野村克也2回 1972年(1)1977年(2)
門田博光2回 1976年(2)1983年(1)
内川聖一2回 2013年(3)2017年(1)
飯田徳治1953年(1) 堀井数男1953年(3) スタンカ1964年(3) 小池兼司1968年(3) 藤原満1981年(1) 山本和範1986年(1) 秋山幸二1994年(1) 松中信彦2009年(2) 柳田悠岐2014年(2) デスパイネ2017年(2)

 2位には1950年代からパの強豪として鳴らしたホークス。広瀬、野村、門田、内川と歴代の中軸打者が2回ずつ受賞。

○3位 西鉄―太平洋―西武19回
清原和博5回 1986年(2)1987年(3)1990年(2)1993年(1)1996年(2)
中西太2回 1954年(1)1958年(2)
松井稼頭央2回 1997年(1)2001年(1)
大下弘1957年(1) 高倉照幸1965年(2) 船田和英1969年(2) 土井正博1975年(3) 石毛宏典1987年(2) 松坂大輔2004年(1) 片岡易之2010年(2) 中村剛也2011年(2) 森友哉2018年(1) 源田壮亮2018年(2)

 3位には50〜60年代に南海と覇権を争い、西武になってからも黄金時代を築いたライオンズ。清原は断トツの5回受賞。中西、松井稼頭央も2回受賞している。清原は巨人でも2回受賞。通算7回は王貞治、松井秀喜、張本勲らの3回を大きく引き離して断トツの1位。清原こそが「最高の球宴男」と言えるだろう。

○4位 阪神17回
掛布雅之3回 1978年(3)1981年(2)1982年(3)
江夏豊2回 1970年(2)1971年(1)
岡田彰布2回 1980年(1)1988年(2)
吉田義男1956年(2) 遠井吾郎1970年(3) 池田祥浩1972年(3) オマリー1993年(2) 新庄剛志1999年(3) アリアス2002年(1) 金本知憲2003年(2) 藤本敦士2006年(2) 新井貴浩2013年(2) 藤浪晋太郎2015年(1)

 阪神は17回で4位。掛布、江夏とミスター・タイガースと言われた選手が受賞しているが、初代ミスターの藤村冨美男、村山実、田淵幸一らは受賞していない。

イチローも7回出場でMVPなし ロッテ勢は1983年以来受賞なし

○5位 阪急―オリックス15回
長池徳士3回 1967年(2)1970年(1)1971年(2)
福本豊3回 1973年(2)1974年(2)1982年(1)
ブーマー2回 1984年(2)1988年(1)
簑田浩二2回 1978年(2)1984年(1)
スペンサー1965年(1) 加藤秀司1971年(3) 高井保弘1974年(1) マルカーノ1979年(2) 松永浩美1985年(3)

 1960年代後半から強豪の一角となった阪急が5位。しかし1989年にオリックスとなってからは一度もMVPを出していない。イチローも7回連続で出場し、通算打率は驚異の.394(71打数28安打)だが、MVPには選ばれていない。

○6位 国鉄―サンケイ―ヤクルト14回
金田正一2回 1960年(2)1964年(1)
若松勉2回 1973年(1)1977年(1)
古田敦也2回 1991年(1)1992年(2)
ペタジーニ2回 2000年(1)2001年(2)
青木宣親2回 2006年(1)2009年(1)
ラミレス2007年(1) 稲葉篤紀2011年(3) 広沢克己1991年(2) 畠山和洋2011年(1)

 スワローズは14回。金田、若松、古田、青木と歴代のスター選手が2回受賞している。

○7位 広島12回
山本浩二2回 1975年(1)1979年(3)
古葉毅(竹識)2回 1963年(3)1966年(3)
ギャレット1978年(1) 江夏豊1980年(3) 正田耕三1988年(3) 金本知憲1996年(3) 前田智徳2005年(2) 前田健太2012年(2) エルドレッド2014年(1) 會澤翼2015年(2)

 広島は12回。1975年、カープ初優勝の年のオールスター第1戦で山本浩二と衣笠祥雄がそれぞれ2本塁打の活躍。赤ヘルの躍進を世間に知らしめた。

○8位 中日10回
江藤愼一2回 1965年(3)1968年(1)
野口明1951年(2) 西沢道夫1955年(2) 中利夫1959年(2) マーシャル1964年(2) 彦野利勝1989年(2) 川上憲伸1998年(1) 山崎武司2000年(2) 荒木雅博2008年(2)

 中日は10回。しかし杉下茂、谷沢健一、星野仙一とチームを代表する名選手は一度も受賞していない。

○8位 毎日、大毎、東京、ロッテ10回
山内一弘3回 1954年(2)1955年(1)1959年(1)
榎本喜八1966年(2) 高沢秀昭1987年(1) 山崎裕之1973年(3) 村田兆治1989年(1) 田宮謙次郎1961年(2) 有藤道世1976年(1) 落合博満1983年(3)

 山内一弘は2リーグ分立初期のオールスターで大活躍し「オールスター男」の異名をとった。しかし1983年を最後にこのチームからMVPは出ていない。

○8位 近鉄10回
土井正博2回 1967年(1)1969年(1)
ブルーム1962年(1) 平野光泰1980年(2) 梨田昌孝1983年(2) ブライアント1990年(1) 石井浩郎1992年(1) 山本和範1996年(1) 中村紀洋2001年(3) 的山哲也2002年(2)

 オリックスに吸収合併となった近鉄も10回。土井正博は近鉄時代は打撃タイトルがなく「無冠の帝王」と言われたが、オールスターでは活躍した。300勝投手の鈴木啓示は受賞なし。

大谷は打者で1回、楽天からも1回受賞

○11位 東映、日拓、日本ハム9回
張本勲3回 1960年(3)1962年(2)1974年(3)
大杉勝男1967年(3) 阪本敏三1972年(2) 柏原純一1982年(2) SHINJO2004年(2) 陽岱鋼2012年(3) 大谷翔平2016年(2)

 張本勲が3回受賞した以外は1回ずつ、2016年には大谷翔平が打者として5回にソロ本塁打を放つなど3安打2打点の活躍で受賞している。

○12位 大洋、横浜、DeNA8回
近藤和彦1963年(1) 松原誠1975年(2) 高木豊1985年(1) ブラッグス1994年(2) ローズ1999年(2) 金城龍彦2005年(1) 中村紀洋2012年(1) 筒香嘉智2016年(1)

 この球団は複数回受賞した選手はいない。筒香に期待が集まるところだ。

○13位 大映2回
林義一1951年(3) 飯島滋弥1952年(2)

 現在のロッテに吸収された大映からは2回。

○14位 楽天1回
山崎武司2008年(1)

 歴史の浅い楽天からは1回。

 このほか、1952年(1)、1969年(3)は該当者なしとなっている。オールスターゲームはレギュラーシーズンとは雰囲気が全く違う。大選手がMVPを受賞していなかったり、意外な選手が取っていたりする。運、不運もあるが、NPBの「お祭り男」を知る上では貴重な手掛かりとなるのだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)