日本ハム4連勝で今季最多貯金11 有原1失点完投で6勝目 オリわずか5安打

日本ハム4連勝で今季最多貯金11 有原1失点完投で6勝目 オリわずか5安打

完投で6勝目をマークした日本ハム・有原【画像:(C)PLM】

日本ハムは初回にアルシアが9号3ランを放って先制

■日本ハム 4-1 オリックス(16日・京セラD大阪)

 日本ハムが4連勝で貯金を今季最多の11とした。16日、敵地京セラドームで行われたオリックス戦。初回にアルシアの3ランで先制に成功すると、先発の有原航平が9回まで投げ抜き、今季初の完投勝利で6勝目をマークした。

 初回2死から近藤健介の内野安打、レアードの四球で一、二塁とすると、アルシアが右翼スタンドへの9号3ランを放って幸先よく先制。4回には石川亮が適時打を放って1点を追加した。9日のソフトバンク戦で先発復帰し、白星を飾っていた有原はこの日も快投。初回先頭の大城滉二に四球を与えたが、続く福田周平を併殺に打ち取ると、そのまま勢いに乗った。オリックス打線をわずか5安打に封じる圧巻の投球だった。

 オリックスは打線が有原を攻略できずに、放った5本の安打のうち、3本が内野安打。相手の失策絡みで1点を奪うのがやっとだった。先発の西勇輝は7回まで投げ、7安打4失点で8敗目となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)