走攻守三拍子揃った女子野球界のイチロー 侍J女子代表の三浦が持つ気構え

走攻守三拍子揃った女子野球界のイチロー 侍J女子代表の三浦が持つ気構え

侍ジャパン女子代表に選出された京都フローラ・三浦伊織【写真:石川加奈子】

プロ8年間で打率が3割5分を下回ったのは2度だけ

 来月22日に開幕する「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表。トライアウトと2度の選考合宿を経て選ばれた20人の中から注目選手を紹介する。第2回は、三浦伊織外野手(26=京都フローラ)だ。

 まだ26歳だが、橘田恵監督はエースの里綾実投手(28=愛知ディオーネ)、4番の川端友紀内野手(29=埼玉アストライア)と同様に「ベテラン」の称号を与える。12年から4大会連続の代表入り。「20歳の時から見ていますが、お姉ちゃんになったなと感じます。若い選手が話しかけやすい雰囲気を作りながら、自分自身も選手として負けられない、もっと成長するんだという姿勢を見せている。女子野球界の見本です」と指揮官は最大級の賛辞を送る。

 俊足と巧打で女子野球界のイチローと称されることもある左打者。高い打撃技術と走塁技術を持ち、バントも自在に操る三浦の存在によって、橘田ジャパンの攻撃バリエーションは大きく広がる。

 京都フローラでは1番に座るが、代表では中軸を担うことになりそうだ。6月29日から新潟県新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟で行った強化合宿では主に「3番・中堅」で起用された。

「1番もあるかなと思っていましたが、クリーンアップを任されたので、走者を返すことを意識しました。私が打つと、みんなもいけるという雰囲気になると思います。引っ張っていかないといけないですね」と平均年齢21歳と若いチームの先頭に立つ。

 女子プロ野球リーグを代表する安打製造機だ。昨季までのプロ8年間で打率が3割5分を下回ったシーズンは2度だけ。巧みなバットコントロールで2012年に打率.390、14年に打率.500で首位打者のタイトルを獲得した。プロ通算打率は、359試合出場で驚異の.387を誇る。

「コミュニケーションが大事」若手と繰り広げる野球談義

 最多盗塁のタイトルも12年に初めて獲得してから昨季まで誰にも譲っていない。50メートル6秒70の俊足に加え、スライディング技術や状況判断も世界トップクラスだ。

 今季も好調で、打率.462、安打32、盗塁18、出塁率.517、長打率.615は、いずれもリーグトップ。打率4割台、出塁率5割台がただ1人なら、盗塁は2位に8個差と他の追随を許さない活躍を見せている。

 円熟味を増して迎える自身4度目のワールドカップ。これまでとは立場も気構えも違う。「一昨年は遠慮していた部分がありましたが、今回は若い子たちよりも経験しているし、世界大会の怖さも知っているので、それを伝えなければいけないと思っています。日本はこれまでチーム力で勝ってきました。コミュニケーションが大事。年下の選手から年上の選手には話しかけにくいと思うので、自分から行くようにしています」。代表選考を兼ねた2月の宮崎合宿でそう話した通り、若手に積極的に声を掛け、事あるごとに野球談義を繰り広げている。

 過去の経験からワールドカップでは、まず先取点奪取に全力を注ぐ。「初回に1点取ること。1打席目に集中したいです」と言葉に力を込める。走攻守全てで中心を担う三浦のプレーに注目だ。

◆三浦伊織(みうら・いおり)1992年3月11日生まれ。愛知県一宮市出身。椙山女学園高時代はテニスに所属し、インターハイ出場。塩野義製薬ではソフトボール選手だった。2010年から女子プロ野球選手として活躍し、MVP(14年)、首位打者(12、14年)、最多盗塁(12?17年)など多数のタイトルを獲得している。今回は12、14、16年に続く4度目の代表入り。京都フローラ所属。160センチ。左投げ左打ち。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)