ホークス、森の乱調でまた借金生活…工藤監督「彼が打たれたらしょうがない」

ホークス、森の乱調でまた借金生活…工藤監督「彼が打たれたらしょうがない」

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

6回1失点の大竹は高評価「よく投げたと思います」

■日本ハム 3-1 ソフトバンク(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは11日、本拠地での日本ハム戦で、同点の9回に森唯斗が2点を失って敗れた。前日10日に勝率5割に復帰しながら、わずか1日で借金生活に逆戻りだ。

 ルーキー左腕・大竹耕太郎は6回1失点の好投を見せ、十分に先発の役割を果たした。2番手のスアレスも1年半ぶりの1軍マウンドで力を示した。しかし、この日は打線が沈黙。再三の好機で“あと1本”が生まれず、牧原大成の3号ソロによる1点どまりだった。

 試合後、工藤公康監督が最初に触れたのは大竹のピッチングについてだ。「アルシアのホームラン1本だけだからね。よく投げたと思います。連打もなかったし、右バッターのインサイドにも投げていけた」と高い評価を与えた。6回109球での降板となったが「急に120、130(球)というわけにはいかないからね」と理由を明かした。

 また2016年9月以来の1軍マウンドとなったスアレスに関しては「ボールもいっていたので一安心。あとは明日、張りの具合を見て、また考えます。7回をしっかり投げてくれたら、先発も6回までということになるし、ずいぶんと楽になりますからね」と、シーズン終盤の戦力として期待をかける。

 負け投手になった森については「9回を託しているピッチャーなので、彼が打たれたらチームとしてもしょうがない。気持ちで投げるタイプだと思うので、また切り替えて明日頑張ってほしい」と語った。

 勝率5割ラインを行ったり来たりの繰り返しだが、指揮官は最後に「明日勝って5割に戻したい。しっかりと前を向いて頑張っていきます」と語り、会見を締めた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)