オリ逆転勝ちも西野が顔面骨折で離脱… 福良監督「時間はかかると思う」

オリ逆転勝ちも西野が顔面骨折で離脱… 福良監督「時間はかかると思う」

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

試合前の練習中に打球が顔面を直撃し骨折

■オリックス 6-3 ロッテ(11日・京セラドーム)

 オリックスは伏兵の一振りで逆転勝利を収めた。11日、本拠地で行われたロッテ戦。8回2死満塁から、この試合まで打率リーグワーストの安達が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち逆転に成功し6-3で勝利し3連勝を飾った。

 1点を追う8回2死満塁で打席に向かったのはこの試合までリーグワーストの打率.208と不振が続いていた安達。142キロのカットボールを叩いた打球は走者一掃となる中越えのタイムリー三塁打。福良監督も「それまでの打席は雰囲気なかったが、あの場面で安達がよく打ってくれた」と、勝負所で見せた1本を称賛した。

 本来なら代打が出てもおかしくない場面。ベンチに残っていたメンバーは小田、西野の2人だけだったが西野が試合前練習で顔面に打球を受け骨折していたことが判明。指揮官は「人がいない事情もあって。安達に懸けました」と、苦しい台所事情だったことを明かした。

 最近の試合では3番を務めるなど状態も上がってきた西野の離脱には「明日からは厳しい。時間はかかると思う」と厳しい表情を見せた。

 それでも不振だった安達が8月初安打となる逆転タイムリーを放つなど、打撃陣の状態も上昇の気配を見せるだけに「皆が粘って勝ちにつなげた。今日の勝ちは本当に大きい。明日も勝ちに行きます」と気を引き締めていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)