オリックス西野「前頭骨骨折および脳震盪」で抹消へ 「悔しい思いしかない」

オリックスの西野真弘内野手が試合前の守備練習でボールが額直撃 12日に登録を抹消

記事まとめ

  • オリックスの西野真弘内野手が11日の試合前の守備練習の際にボールが額に当たった
  • 大阪市内の病院で検査を受け「前頭骨骨折および脳震盪」と診断、12日に登録を抹消
  • 西野は「まさか骨折しているとは思ってもみなかった、悔しい思いしかない」と語った

オリックス西野「前頭骨骨折および脳震盪」で抹消へ 「悔しい思いしかない」

オリックス西野「前頭骨骨折および脳震盪」で抹消へ 「悔しい思いしかない」

オリックス・西野真弘【写真:荒川祐史】

試合前の守備練習中に額にボールが当たり骨折

 オリックスは11日、西野真弘内野手がこの日の試合前の守備練習の際にボールが額に当たり大阪市内の病院で検査を受けた結果「前頭骨骨折および脳震盪」と診断を受けたことを発表した。12日に登録を抹消される。

 試合後、大阪市内の病院から球場に戻ってきた西野は「まさか骨折しているとは思ってもみなかった。悔しい思いしかない。早く戻ってきたい」とコメントした。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)